「不安障害」の人はEDに陥りやすい!?その理由とは一体?

不安障害の人が実はEDになりやすいってみなさん知っていましたか?

そもそも不安障害とは
「何かをする時に、極度に不安になってしまう」
ことを言います。

「誰だって不安になることはあるよ」

と思うかもしれませんが、この不安障害の人は普通の人よりも不安が大きいとされています。

不安になるあまり、めまいや動悸、息切れ、過呼吸になる人もいるほどなのです。

そんな不安障害とEDには実は密接な関係があるとされています。

なので、今回は不安障害とEDの関係について解説していきたいと思います。

・不安障害とは?

不安障害と一言で言っても、症状には個人差があります。

代表的なもので言うと
・極度な潔癖症
・パニック障害
・社会的恐怖

などが挙げられます。

・潔癖症
何か気になることがあると引きずられて行ってしまうことを
「強迫行為」
と言いますが、潔癖症はこの強迫行為を繰り返し行うことで、そのことが余計に気になり、恐怖を感じることを言います。

・パニック障害
パニック障害は、ストレスの多い環境に長くいることでなる人が多い症状だと言われています。

特徴としては、何の前触れもなく本能的な危険を察知する扁桃体が活動しすぎてしまい、呼吸や心拍数を増やしてしまうのです。

・社会恐怖
社会恐怖とは、何かを一度失敗してしまうことで
「次、失敗したらどうしよう…」
「大衆の前で恥をかいたらどうしよう…」
と不安に陥ってしまい、恐怖心にかられることを指します。

この症状が重度になると会社へ行けなくなってしまう人もいるほどなのです。

・不安障害とEDの関係とは!?

では、この不安障害とEDにはどのような関係があるのでしょうか!?

基本的にうつ病は
ネガティブな人がうつ病になるのではなく
うつ病になることでネガティブになってしまうことが多いとされています。

なので、うつ病の人は何かをすることに対して、極度の不安にかられてしまう傾向にあり、不安障害である可能性が極めて高いのです。

そして、うつ病とEDには慣例性があり、うつ病の人はEDである可能性が高いです。

つまり、簡潔にまとめると

うつ病の人は不安障害である可能性が高い

うつ病の人はEDである可能性が高い

不安障害の人はEDである可能性が高い

といったことになります。

そして、うつ病と不安障害は合併して起こることが多く、その証拠として不安の発作を抑えるために抗うつ剤が使用されることがあります。

・まとめ

今回は、不安障害とEDの関係について解説してきましたがいかがだったでしょうか?

不安障害になる人は、暗くて臆病な人がなりやすいと思われがちですが、実は頼れるリーダー気質の人が不安障害になってしまうケースも珍しくないとされています。

何に対してもキッチリと真面目に取り組む人ほど不安障害になりやすいようですね。

不安障害はうつ病と深い関わりがあって、そのうつ病がEDと密接に関わっていることから結果として不安障害はEDとも関係があるのですね。

心の問題は複雑です。
だからこそ、症状が出始めた時は専門医を受診して早期解決を図りたいものですね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です