キレやすくなるのは男性更年期によるものかもしれない!

女性には更年期障害と言われ、閉経に伴い、40歳を過ぎた頃から始まる情緒不安定や長引く体調不良などがあるとされています。

あまり耳にすることは少ないかもしれませんが、男性にも実は女性と同じで更年期障害があるのです。

今回は、そんな男性更年期がもたらす症状について解説していきたいと思います。

・男性更年期の症状は‘キレやすくなる’‘やる気が起きなくなる’が特徴的!

男性更年期は、女性と同じで40歳を過ぎた頃から症状が現れると言われています。

やる気が起きなかったり、活力が落ちたような気分にさいなまれ、終いにはキレやすくなったり、怒りを抑制できないといった症状が出てくるのです。

家族や知人から「最近、怒りやすくなったね」などと言われるようになったら、男性更年期を疑う必要があります。

自分で「最近怒りやすくなったな」と自覚できるうちは良いのですが、自覚できない時には、周りの意見に耳を傾けることも時には必要なことなのです。

・男性更年期の原因とは何なのか!?

女性の場合、更年期の症状が現れるのは、冒頭でも記述したように閉経後だとよく言われています。

では、男性の場合はどの時期に男性器更年期になりやすいのか?

男性も女性と同様に更年期になりやすい年齢は40歳を過ぎた頃からとされています。

しかし、男性の場合は女性の閉経とは違い目に見えて症状が現れない分、更年期になっているかもと気づきにくいのが特徴的です。

しかし、男女共に共通しているのがホルモンバランスの乱れです。

女性の場合であれば、閉経後に女性ホルモンのバランスが崩れ更年期障害を引き起こしますが、男性の場合でも、男性ホルモンが低下することに伴い男性更年期に陥ってしまうのです。

ただし、女性と男性の圧倒的に違う点は女性の場合であれば、数年経過すると症状が安定してくるのに対して、男性の場合は症状に出口が見えず、重い病気に繋がるリスクも抱えていることが特徴とされているのです。

・男性更年期の症状が現れ始めたら泌尿器科を受診する必要がある!?

では、男性更年期と疑われる症状が出た場合はどのように対処すればよいのか…

精力減退やEDに繋がる中高年の男性更年期障害の問題は、それが重症化すると生活習慣病やうつ病になるリスクもあるため、簡単に諦めるのではなく、早期に解決する必要があるのです。

その為には‘やる気が出ない’‘キレやすくなった’などの症状が出た時には泌尿器科を受診し、相談することをおススメします

それに加えて、男性ホルモンの値を維持するために生活習慣や食生活の改善に取り組むことをおススメします。

・まとめ

今回は男性更年期について解説していきましたが、いかがだったのでしょうか!?

男性更年期はまず、精力減退やEDなどの症状から現れるとされていますが、その症状を放置することで体に更なるリスクが生まれる恐れがあるため、生活習慣や食生活の改善を行う必要があるのです。

「どうせ…歳だからな」と諦めるのではなく、早期解決を図ることで元気な体作りを行っていきたいものですね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です