セックスで逆にストレスが溜まる理由について考えてみた!

セックスは人間にとって快楽の1つとも言われています。

なので、普通であればセックスはストレスの発散に繋がります。

しかしながら、ストレスを発散できるはずのセックスで逆にストレスが溜まってしまう人もいるようですね。

では、どのような時にセックスでストレスを感じてしまうのでしょうか?

今回はセックスでストレスが溜まる理由について解説していきたいと思います。

・セックスでストレスが溜まる原因その①「相手がマグロで楽しくないから」

男性サイドに性欲もあって精力もあって
「よっしゃ!今夜は頑張るぞ!」
と意気込んでいても、相手に性欲がなければあまり意味がありません。

特に、自分ばかりが動いて相手が全く動きもしないし、反応もしないようでは、セックスを楽しむことなんてできません。

女性が動きもしないことを‘マグロ’と言うのですが、このマグロ状態の女性とのセックスは男性サイドからしたら最悪です。

さすがに1~2回程度であればまだ我慢もできたかもしれませんが、そんな状況が長く続くようであれば、男性としてはセックスに飽きてしまいますし、しまいにはセックスすることに対して

「また、俺だけが動くのかよ」

とストレスを感じてしまい、イライラしてしまうことが多くなります。

・セックスでストレスが溜まる原因その②「セックスを気持ちよいと感じることができない」

セックスで最もストレスに感じてしまう原因はこの理由がもっともだと思います。

まず、セックスをする理由は色々あると思いますが、人がセックスに求めるものはやはり何と言っても気持ちよさにあります。

男性の場合だと、男性ホルモンが体内で減少することで、射精をしても昔のような気持ちよさを感じることができなくなることがあります。

特に精子の量が減少してしまっている状態では、射精時の爽快感はかなり減少してしまい、気持ちよさが半減してしまいます。

また、射精時にちょっとした痛みを感じてしまうと、気持ちよさよりも苦痛を感じてしまうことの方が多くなり、これがストレスとなり、イライラしてしまう原因になるようですね。

だからこそ、射精時の爽快感を維持するためにも男性ホルモンは大事になってくるのです。

・セックスでストレスが溜まる原因その③「セックスを失敗してしまう」

セックスを失敗してしまうとはどういうことなのでしょうか?

失敗例には色々ありますが、よくある失敗例としては経験不足からくるものがあります。

経験が少ないがゆえに挿入する場所がイマイチ分からなくてイライラして、焦ってしまう気持ちが芽生えることで勃起が維持できなくなってしまうことがあります。

このような状態が何度か続くことでセックスに対しての自信を失いかねません。

これは経験がものをいう部分が多いので、とにかく焦らず、ゆっくりこなすしかないのですが、いかんせん若い頃は血気盛んで焦ってしまう気持ちも分かります。

ですが、そこはイライラしてしまう気持ちもあるでしょうか、今一度冷静に対応することで案外、すんなり入ってしまうことが多いです。

・まとめ

今回はセックスをする時にイライラしてしまう原因について解説してきましたが、いかがだったでしょうか!?

セックスにたいして イライラしてしまうとセックスレスになる可能性もあるので、イライラしてしまう原因がある時はなるべく早い段階で解決させた方がいいかもしれませんね。

もし、自分のペニスや男性ホルモンの低下が原因の場合は精力剤を利用して、改善を試みても良いかもしれませんね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です