驚きの真実!セックスとオナニーでは実は精液の質が変化している!

近年、男性の中にはセックスをしない人が増えてきているそうです。

セックスをしない男性が増えてきている背景には、スマホの普及も大きく関係しています。

スマホの普及に伴い、簡単にアダルトサイトを見れる時代に、女性を口説いてセックスするという一連の流れを面倒に感じてしまうケースも多いようですね。

また、セックスよりもマスターベーションの方が楽だからと女性との関係をおっくうに感じている男性も増えてきているそうです。

ですが、本当にセックスとマスターベーションに違いは無いのでしょうか?

今回はセックスとマスターベーションにおける違いについて解説していきたいと思います。

・マスターベーションよりもセックスで射精された方が精液の質が高い!?

ベルギーの研究者がとある研究を行っていたのでそれを参考に解説していきます。

その研究とは、セックスによって射精された精液とマスターベーションで射精された精液の質を比較したというもの。

その結果、
マスターベーションによるものと比較すると、セックスで射精された精液の中には、約70%~120%多い精子が含まれていたそうです

しかも、精液の量自体も増え、前立腺からの分泌量約25~45%も増えていたそうです。

また、とある説によると、運動性も形態も、セックスで射精された精子の方が質が高いと言われています。

しかしながら、なぜセックスで射精した精液の質が高いのかは現時点では解明されていないようです。

いずれにしても、身体はセックスとマスターベーションは別物としっかり認識しているのです。

頭の認識と体の反応はちゃんと違っているんですね。

・セックスをすることで幸福感を得ることができる!

また、セックスとマスターベーションの大きな違いに
幸福感
が関係しています。

愛する人とセックスをすることで人は‘幸せホルモン’と呼ばれているセロトニンを分泌します。

このセロトニンは人間の精神的な面において大きな影響を与える神経伝達物質になります。

このセロトニンが減少してしますと、精神のバランスが崩れやすくなるとされ、逆にセロトニンの分泌が増えると、幸福感を得ることができます。

同じ射精でも行為自体が変わることで、身体に与える影響力も大きく変化しているのです。

・まとめ

今回はセックスとマスターベーションの違いについて解説してきましたがいかがでしたか?

まず、精液の違いに驚きでしたね。

セックスの方が精液の質が高いなんて、なんとなく納得です。

また、幸福ホルモンと呼ばれているセロトニンの分泌も大きく関係しているようです。

総評すると、マスターベーションよりもセックスの方が精液的にも身体的にも良いのですね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です