テストステロンとEDの密接な関係とは!?

皆さんはテストステロンという言葉を知っていますか!?

テストステロンと言われても何のことか分からない方が大多数ではないでしょうか?

テストステロンとは、男性ホルモンの大変を占めている物質になります。

つまり男性ホルモン=テストステロンと言われているのです。

男性ホルモンの世間一般的なイメージは「男らしい体作りをしてくれる」といったところではないでしょうか?

確かに男性ホルモンが高い人は

「体つきがガッチリしている」
「体毛が濃い」

などと言われています。

そんな、テストステロンがEDにも深く関係していたことをみなさんはご存じだったでしょうか?

今回はそんなテストステロンとEDの関係について解説していきたいと思います。

・テストステロンが低いとEDになりやすい?

テストステロンすなわち男性ホルモンの役割として、勃起に必要な物質である一酸化窒素を生成する働きがあります。

その一酸化窒素とは、血管を広げる働きをしているのです。

男性の体は興奮すると脳から男性器へと刺激が伝わり、陰茎海綿体の血管が広がって血流が流れ込むことで勃起に至るのです。

つまり、勃起には血管を広くする一酸化窒素が必要で、その一酸化窒素を生成するのがテストステロンになるわけです。

つまり、テストステロンが多ければ多いほど、勃起がスムーズになるのです。

男性なら誰しも経験があるとは思いますが、かなり興奮している時って男性器がドクドク脈をうっているような感覚がありますよね。

この時に血管を拡張しているのがテストステロンになるわけです。

テストステロンが減少する⇒一酸化窒素の量が減少する⇒血管を拡張する働きが弱くなる…
その結果、満足な勃起ができなくなるというわけです。

・では、テストステロンを増やすにはどのようにしたらよいのか?

テストステロンを増やす方法はいくつか存在します。

代表的なものとして

・睡眠をしっかりとる
・運動をする
・ストレス発散をする
・食事に気を付ける

などがあります。

特にテストステロンはストレスに弱いとされており、ある研究によると70代の男性よりも40代の男性の方がテストステロンの値が低くなっているという研究発表もあるくらいなのです。

そのくらいテストステロンはストレスに弱いのです。

また、とある研究データによるとテストステロンが低下することで脂肪の代謝も悪くなるという研究データもあります。

つまり、運動をしなければテストステロンの値が低下しメタボになりやすくなってしまうのです。

その対策として有酸素運動が非常に効果的なのです。

・まとめ

今回はテストステロンについて解説してきましたがいかがだったでしょうか?

テストステロンすなわち男性ホルモンがEDとこんなにも密接な関係だったことに正直驚きだったのではないでしょうか?

テストステロンの低下がEDを招く可能性が高いのも事実ですが、健康的な生活をしていればテストステロンの値は比較的高いものです。

なので、健康的で刺激のある生活をすることでEDとは無縁の生活を送りたいものですね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です