テストステロンの値が高い職業と低い職業は!?

テストステロンすなわち男性ホルモンは年齢と共に低下していくと言われています。

そして男性ホルモンの値が低下してしまうとEDに陥りやすくなるのです。

そんなテストステロンなのですが、職業によってテストステロンの値が高い職業と低い職業があることをみなさんはご存じだったでしょうか!?

今回はそんな興味深い内容について解説していきたいと思います。

・テストステロンが高い職業とは!?

テストステロンの値は年齢やその他の個人因子による差はありますが、職業によっても個人差があるのです。

ではどのような職業の人だとテストステロンの値が高いのか?

テストステロンは基本的に競争心が元になっているため、要素の多いとされるアスリートや、絶え間ない競争環境に身を投じている経営者や自由業者の人がテストステロンの値が高いとされています。

また、競争心は自己アピールと言いかえることができるため、自己表現を日夜追及している芸術家もテストステロンの値が高いとされているのです。

・テストステロンが低い職業とは!?

先ほどは、テストステロンの値が高い職業を紹介してきましたが今度は逆にテストステロンの値が低い職業を紹介していきます。

テストステロンの値が低いとされている職業とは、教師・牧師・医師などの‘師’がつく職業とされています

もちろん、‘師’がつく職業に就いている方でも個人差はありますが、傾向として‘師’のつく職業に就いてる人は低い傾向にあるようです。

確かに‘師’がつく職業には総じて競争の要素が少ない分野ではあります。

・サラリーマンのテストステロン値はどうなのか!?

では、日本男性の職業で大部分を占めているサラリーマンのテストステロン値はどのようになっているのでしょうか!?

サラリーマンの場合だと、職場環境や、職種によってテストステロンの値は大きく変わってくるそうです。

特に、営業などの競争に直結している部門だとテストステロンの値が高くなり、経理や総務などの間接部門に所属しているとテストステロンの値は低い傾向にあるようです。

ここでおもしろい報告があるのですが、証券会社で働くトレーダーなどは、高いパフォーマンスを出した日にテストステロンの値が急上昇するといったようなこともあるのです。

なので、サラリーマンの中でも職業や職種がテストステロンの値には大きく関係していると言えるのです。

・まとめ

今回はテストステロン値と職業について解説してきましたがいかがだったでしょうか?

テストステロンの値が高い職業は、競争に直結しているケースが多いというのは個人的に物凄く納得してしまう部分が多かったです。

逆に‘師’がつく職業の男性がテストステロンの値が低い傾向にあるのは少し意外でしたが…

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です