バナナミルクを飲んで副交感神経の働きをよくしよう!

EDすなわち勃起不全症の原因の1つに

‘自律神経の乱れ’

があります。

自律神経とは、自分の意思とは関係なく働く神経であり、血管や内臓までも支配している大変重要な神経になるのです。

この自律神経の一つとされている副交感神経の働きを優位にすることでEDの改善に繋がることもあるのです。

そんな副交感神経を優位にする効果があるのがバナナミルクになるのです。

なので、今回はバナナミルクと副交感神経の関係について解説していきたいと思います。

・自律神経とは!?

自律神経は大きく分けて「交感神経」「副交感神経」が存在します。

交感神経は、普段私たちが活発に活動している時に働く神経で心身を緊張状態にする神経を指します

また、副交感神経は心身がリラックスしている状態に出てきます、心身を緩やかにする働きをしており、私たちが眠りにつくときにはこの副交感神経が優位に働いている状態になっているのです。

・副交感神経と勃起の関係とは!?

では、この副交感神経が男性器の勃起とどのような関係にあるのか!?

まず、男性器が勃起する為には男性器周辺の血流を良くしなければなりません。

その手助けをしているのが副交感神経になるのです。

副交感神経が優位に働いている状態になると、男性器周辺の血流が活発になり、スムーズな勃起へと繋がります。

しかしながら、この副交感神経がうまく働いていない状態で尚且つ交感神経が優位に働いている状態だと、血流が遮断され、うまく勃起することができないのです。

そのことが原因でEDになってしまうケースもあるのです。

・そんな時にバナナミルクが効果的な訳とは!?

副交感神経がうまく作用しない状態の原因には色々な要因が考えられます。

その中の1つに‘カルシウム不足’があるのです。

実は、カルシウムは副交感神経が働く糧になる成分でこれが不足してしまうと、交換神経が優位になってしまうこともあるのです。

カルシウムと言えば、牛乳を思い浮かべるかもしれませんが、牛乳も確かに多くのカルシウム成分を含んでいる飲み物ではあります。

しかし、牛乳は吸収率が悪く、多く飲んだとしてもあまり体内に吸収されることなく消化管をそのまま流れていってしまうのです。

そこで、吸収率も良く、尚且つカルシウムを多く含んでいる飲み物としてバナナミルクがあるのです。

・バナナミルクの効果とは!?

そこにカルシウムを多く含んだ牛乳をプラスすることで体内に多くのカルシウムを含むことが出来ます。

しかも、バナナには牛乳と相性の良い脂肪分解酵素であるリパーゼやタンパク質分解酵素であるペプシンも含まれています。

さらに、バナナにはミネラルやビタミン、糖質などの良質な栄養素もふんだんに盛り込まれていることから、牛乳に含まれているカルシウムをどんどん体内に吸収してくれるのです。

・まとめ

今回は副交感神経の働きに効果のあるバナナミルクについて解説してきましたが、いかがでしたか!?

バナナと牛乳の最強コラボで副交感神経の働きを優位に保つことでEDの改善につながるのです。

また、バナナミルクは家庭でも簡単に作ることができる飲み物になるので、興味がある方はぜひ一度試してみる価値はありそうですね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です