ベジタリアンはEDや男性更年期障害になりやすいって本当なのか!?

近年では日本でも‘ベジタリアン’と呼ばれる菜食主義者がメジャーになってきました。菜食主義者とは、基本的に食を野菜中心にしている人たちのことを言います。

すごく健康的で元気な体作りのイメージがあるベジタリアンですが、実はEDや男性更年期障害を引き起こすリスクが高いことをみなさんはご存じだったでしょうか?

今回は、そんなベジタリアンの人たちが何でEDや更年期障害になりやすいのか?について解説していきたいと思います。

・ベジタリアンの男性が勃起しない理由とは!?

アメリカで実におもしろい報告がありました。

それが、徹底したベジタリアンの男性が突然勃起不全症に陥ったとのこと…

その男性のテストステロン値がなんと同年代の男性の平均空値の実に8分の1ほどにまで落ちていたのです。

冒頭でも記述したように、ベジタリアンとは肉食の食生活ではなく野菜中心の食にかえている人たちのことを言います。

その結果、肉食を排除したことでコレステロール値が減少してしまい、テストステロン値が減少し、結果的にEDすなわち勃起不全症になってしまったのです。

・コレステロールはテストステロンの原料ともなりえる!

コレステロールはメタリックシンドロームの原因ともされていることから、基本的には摂取量を軽減させることが一般的には推奨されています。

しかし、むやみやたらにコレステロール値を下げてしまうのはテストステロンの値も一緒に減少させてしまうという証明もなされているのです。

テストステロンの値が減少しすぎると、EDの他にも中高年の方であれば特に男性更年期になるリスクも高いことから、コレステロールの値を減少させすぎるのは結果的に良くないこととされているのです。

・中高年男性の望ましい生活習慣とは!?

中高年の方はただでさえテストステロン値が減少しているのにメタボを気にするあまり、肉食を制限することで更にテストステロン値を減少させてしまうのは、いわば諸刃の剣になっているのです。

では、中高年の男性にとってどのような食生活が1番効率が良いのか?

それは、適度に肉食を摂取しつつコレステロール値を適度に保つためにも筋肉トレーニングを継続的に行うことなのです。

鍛え上げられた筋肉はテストステロン値を増幅させてくれる働きがあるのです。

なので、適度にコレステロールを摂取し、それを筋肉にかえるために筋肉トレーニングを行うのがテストステロン値を維持するのにはベストな食生活と言えるのです。

・まとめ

今回は、ベジタリアンの男性が何でEDや男性更年期障害になりやすいのか?について解説してきました。

ベジタリアンも決して悪い食生活ではなく、健康的な食生活と言えますが、それに伴いテストステロン値が減少してしまうという
デメリットもあるのです。

「適度な食事」

これが体を健康に保つためには1番良いのかもしれませんね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です