EDと深い関係にあるメタボや肥満は腸内細菌の影響を受けている!

EDになる男性の多くの原因とされているのが、肥満やメタボリックシンドローム通称:メタボだと言われています。

肥満になると体内に蓄積された脂肪が原因でEDになったり他の病気になるリスクも非常に高くなってしまうのです。

そんな、EDの原因になりえる肥満やメタボが実は腸内細菌の影響を受けていることをみなさんはご存じだったでしょうか!?

今回は、そんなEDの原因とされている肥満やメタボに影響を与えている腸内細菌について解説していきたいと思います。

・肥満・メタボの人がEDになる理由とは!?

メタボリックシンドローム通称メタボの男性は、比較的EDになりやすいとされています。

その最もたる理由がメタボは内臓脂肪が体内に蓄積された状態のことを指し、その内臓脂肪が有害な活性酸素を生成するためだとされています。

その結果、活性酸素は血管内皮を傷つけ、血管内皮の一酸化窒素(NO)の生成を阻害し、それにより、血管が硬くなることで血流が停滞し、陰茎への血流が供給されにくくなることで結果的にEDに陥ってしまうのです。

・肥満型と痩せ型を決める2種類の腸内細菌が存在する!?

肥満やメタボは冒頭でも書いたようにED以外の病気のリスクも非常に高くなるとされています。

なので、肥満やメタボの診断を受けた人なら誰しも思うことが、それを解消したいと言うこと。

そんな肥満やメタボに近年注目を集めているのが題目にもあるように腸内細菌になるのです。

まず、知っててもらいたいのが、人間の腸内には無数の細菌がいるということです。

それぞれの細菌には役割があるとされているのですが、実は肥満や痩せ型に影響を及ぼしている細菌が存在するのです。

その中でも肥満を促す細菌としてファーミキューテスと呼ばれている細菌があります。

それとは逆に身体の痩せを促す細菌としてバクテロイデーテスという細菌が存在しているのです。

このファーミキューテス(肥満)とバクテロイデーテス(痩せ)のバランスが肥満になるか否かを決めているのです。

身体にとって理想的なバランスとしてはバクテロイデーテスが6割に対してファーミキューテスが4割のバランスと言われています。

・この肥満と痩せ型の細菌のバランスのとり方とは!?

ここで気になるのが、このバランスをいかにうまく保つにはどのようにすれば良いのか?ということではないでしょうか!?

ちなみに、この2つの細菌のバランスを保つことはさほど難しいことではなく、基本的に食生活の改善によってバランスは保たれるとされています。

この食生活の改善とは、腸内環境を整える食生活にするということです。

つまり、脂肪やタンパク質を多く含んでいる食品を控え、発酵食品や食物繊維を多く含む食品などの整腸作用があるものを積極的に摂取し、腸内細菌のバランスを保ち肥満やメタボを解消することが大切になってきます。

・まとめ

今回はEDの原因となる肥満やメタボに影響している腸内細菌について解説してきましたがいかがだったでしょうか!?

肥満を促す細菌「ファーミキューテス」
痩せ型を促す細菌「バクテロイデーテス」

などの細菌がいるという事実だけでも正直驚きでした。

要はこの細菌のバランスを保つことができれば、肥満やメタボの予防に繋がるのです。
なので、日ごろの食生活の改善点として整腸作用のある食事を心がけていきたいものですね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です