人間だけじゃない!動物にもEDはあったのだ!

EDすなわち勃起不全は、我々人類にとっては非常に大きな問題です。

仮に、全人類の男性すべてがEDになってしまった場合、子孫繁栄ができなくなってしまいます。

それは、人間だけではなく動物も同じです。

実に興味深いのですが、EDとは人間に限ったことではなく、動物にもなる可能性はあるのです。

今回は動物とEDにまつわる話について解説していきたいと思います。

・動物のEDとは!?

サルに同性愛や幼女嗜好があるように、人間以外にもEDはあります。

基本的には、哺乳類以外でも体内受精をする動物であれば、勃起不全になる可能性はあるとされています。

そして現在、その動物にまつわるEDに関連した深刻な問題があることをみなさんはご存じだったでしょうか?

それ関して以下に解説していきたいと思います。

・精子の減少傾向が続くことで食料不足になる恐れも…

現在、精子の減少傾向は人間だけの問題ではなく、動物全体にも及ぶと言われています。

動物がEDになってしまった場合、種の絶滅や食糧問題に大きく関係してくることから私たち人間にも直結した問題とも言えます。

動物の中でも、とりわけ豚や牛などの家畜のEDによる種の絶滅は、食料不足に直結する問題である為、自然受精以外での人工授精の研究も進められています。

人にとってはEDになっても精力剤だったり、医学の力でどうにかできる部分もありますが、動物の場合はそうもいきません。

このような最悪の事態を未然に防ぐためにもまだまだ研究を続ける必要があり、今なお精子の減少傾向やEDは悪化を続けているのです。

・動物ならではの勃起不全とは?

また、人間にはあまりない動物特有の勃起不全もあります。

それは
‘社会的威嚇が勃起を妨げる可能性もある’
ということです。

動物の場合、群の中で階級の低いオスは生殖機能を封印し、メスとの交尾を行わないそうです。

これは、自然の摂理なのかもしれないですが、階級の低いオスがメスと交尾をしようものなら群の有力者たちに、生命の危機を脅かす傷を付けられる可能性もあることから階級の低いオスは生殖機能を封印してしまうそうです。

つまり、群の中で社会的地位が低いだけで生殖機能を封印してしまうこと自体が人間でいう心因性EDに似ているのかもしれませんね

・まとめ

今回は動物のEDについて解説してきましたがいかがでしたか?

動物にもEDがあり、私たち人間に直結してくる問題である為、軽視できないんですね。

人間とは違って、種の存続に影響を与えるとは…

もしかしたら人間よりも動物の方がEDは深刻な問題なのかもしれません。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です