低体温と高体温はどっちがEDになりやすい?

最近、巷の女性雑誌では「低体温だと健康に有害だ」とい文言をよく目にします。

実際に、書店などの健康コーナーなどでも体温を高くすることで健康に有効的だと書かれている書籍が多く陳列されています。

では、‘低体温不健康説’は果たして男性にも該当するのでしょうか?

低体温が男性機能に及ぼす影響について今回は解説していきたいと思います。

・低体温と高体温でEDになりやすいのはどっちなのか!?

女性雑誌などでは冒頭でも書いたように高体温の人の方が健康的だと言われています。

ですが、結論から言うと高体温の人の方がEDすなわち勃起不全症になりやすいのです。

実は、高体温の人は活性酸素の発生量が低体温の人よりも多いと言われています。

活性酸素は老化を促し、様々な疾病の原因となるので、高体温の人の方が低体温の人よりもそういった点ではリスクが高いと言えます。

また、活性酸素は男性機能を低下させEDの原因としても大変有名です。

なので、活性酸素の量が多い高体温の人はEDになるリスクが低体温の人よりも高いということになるのです。

・高体温だから健康であるという証明にはならない!?

高体温だから健康だ!という説は、実のところ一概にそうだとは言えないのです。

その理由というのが、低体温と長寿に関する論文は何本も存在しているのに対して、高体温と長寿に関する正式な論文というのは存在しないのです。

つまり、高体温だから健康で長寿だという証明にはならないのが実情なのです。

・高体温のケアとはどのようにすれば良いのか?

EDに関していえば、高体温よりも低体温の方が確かにリスクは低いです。

しかし、高体温の人でもしっかりとケアをすれば心配することはありません。

例えば、カロリー制限をすることで体温を下げることも可能ですが、高体温の原因となる活性酸素を無力化する抗酸化作用にすぐれた食材を摂取することでケアにつながります。

そのように、体調のケアをすることで高体温の人でもEDに対するケアになるので酸化ケアに取り組み、EDになるリスクを低減させることをおススメします。

・まとめ

今回は、低体温と高体温がEDにどのように作用するのかを解説してきました。

記述中にも書いたように結論からいうと低体温の人の方がEDになるリスクは低いようです。

ですが、高体温の人でもしっかりとケアすることでEDになるリスクは低減できるようです。

なので、今回の記事のように高体温の人は抗酸化作用のある食物を積極的に摂取してみてはいかがでしょうか!?

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です