日本人の大好きな入浴でテストステロンを増やす方法!

テストステロンすなわち男性ホルモンは男性機能を元気に保つためには必須の成分になります。

テストステロンが低下すると性欲減退に繋がり、EDを招く恐れがあるためテストステロンの維持は男性機能の活力を維持するためにはどうしても必要になってくるのです。

また、近年では男性機能の維持だけではなく健康や長寿、そして日頃の活力にまで深く関わっていることが分かってきたテストステロン。

そんな、男性にとって大変ありがたい成分であるテストステロンが入浴時のちょっとしたことで増やせることをみなさんはご存じだったでしょうか!?

今回は、入浴時にテストステロンを増やす耳寄りな情報を解説していきたいと思います。

・テストステロンを増やすためには副交感神経が関係している?

テストステロンは基本的に睡眠中に体内で生成されています。

そこには、睡眠の量であったり、質が関係しているのですが、基本的には睡眠中に生成されています。

良質な睡眠とは、自立神経のバランスが関係しているのですがこの自律神経の中に
ある交感神経と副交感神経のうち副交感神経が優位にたったとき、良質な睡眠へと変わるのです。

そして、副交感神経が優位に立った時に男性ホルモンの生成がなされるのです。

・自律神経をコントロールする「入浴呼吸法」というものがある!?

上記でも解説したように副交感神経が優位に立ったときに、テストステロンは生成されるのですが、人間関係や仕事のストレスなどいわゆるストレスにさらされている状況だとどうしてもアクセルの働きをしている交換神経の方が優位に立ってしまうのです。

また、過度なストレスが原因で就寝時になってもスムーズに交感神経から副交感神経へと切り替わらないことでテストステロンの生成が遅れてしまうのです。

そこで、ストレスによって過度に優位に立ってしまった交感神経を就寝前に副交感神経にスムーズに切り替えることができるのがこの入浴時呼吸法になるのです。

・入浴時呼吸法とはどんなものなのか!?

入浴時呼吸法とは、その名の通り入浴時に行う呼吸法になります。

この呼吸法を実践することで、交感神経から副交感神経へとスムーズに切り替えることができるようになるのです。

その具体的な方法は至ってシンプルなものです。

<入浴時呼吸法のやり方>

まず、湯船で足を伸ばしてリラックスした状態にする
次に腕を前に伸ばして約10秒間かけて口から息を吐き出す
その次に、腕を胸に引き寄せてから、鼻から約3秒かけて息を吸い込む
これを入浴時に2セット行う

これが、入浴時呼吸法なのです。

時間にして約30秒程度でできる本当に簡単なものなので、今日からでも実践することができます。

気になる方はぜひ試してみてください。

・まとめ

今回は入浴時呼吸法というテストステロンを増やす簡単な呼吸法について解説してきました。

時間も費用もかからず、簡単に始めることができるので気になる男性陣は試してみてください。

また、EDに悩んでいるパートナーがいる方は一緒に入浴した時に教えてあげてみてはいかがでしょうか!?

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です