勃起していないのに、射精してしまう!その原因とは一体!?

男性の中で、勃起していなにも関わらず射精してしまうといった症状に悩まされている人がいます。

完全に男性器に血流がみなぎるようなフル勃起した状態で射精してしまうのが普通だと思うのですが、なぜかそうならずに勃起が中途半端なままで射精してしまうケースがあるのです。

では、なんでフル勃起していないにも関わらず射精してしまうのでしょうか!?

今回はその原因について解説していきたいと思います。

・一番の原因は心理的なストレスが関係している可能性も…

まだ若いうちは体力的な部分だったり、精力的な部分でも問題ない年齢だとしても、心理的に大きなストレスを抱えていたり、極度の緊張状態にあるとそれが原因でEDになってしまう可能性があります。

EDになってしまうと、そもそも勃起が十分にできない症状がでてしまうことがあります。

そうなってしまうことで、しごいていたり、何かしらの刺激を与えていると、射精はするものの勃起が不十分なまま…
なんて状態になってしまうこともしばしです。

このようなことが原因になっているケースに関しては、ストレスなどを改善することで、時間とともに自然と回復していくと思いますが、その状態で何度かセックスを失敗したり、自慰行為でも同じような状況が続くようであれば、今度は勃起が不十分な状態に対して不安やストレスを感じてしまうようになり、症状の改善が遅れてしまう原因にもなるのです。

・血管や神経周りに障害が発生しているケースも…

男性器周辺の血管は体の中でも最も細い血管が走っている箇所として有名です。

そんな男性器周辺の血管に何かしらのトラブルが起きていたり、勃起させるための神経系統に何かしらの障害が起きていたりすることで、精巣内の精液量に関しては問題なかったとしても勃起力自体が正常とはいえない状態になってしまうことがあります。

ちなみに、男性器周辺の血管にもし問題あるということは、それと同時に脳や心臓などの重要な器官の血管についても危険性があるということにも繋がります。

仮に今悩んでいる症状が勃起していないにも関わらず射精してしまうというものだけだったとしても、将来的に他の血管障害を起こしてしまうリスクが高まるので、早めの対処をしていく必要があるのです。

・勃起不全に陥っている

勃起不全は年配者だけの問題ではなく、年齢に関係なく誰でも起こりうるものになっています。

射精できるということは、性的刺激を脳の信号を介して男性器まで伝わっているはずですが、それでもなお勃起できないとなると下記のようなことが勃起を阻害している原因として考えられます。

・過度のストレス、不安やうつ
・生活習慣病の影響
・加齢に伴う血管能力の衰え
・神経系統の障害

今までは普通に勃起して射精できていたにも関わらず、突然勃起していないのに射精するという状態になっているのであれば、上記のことが関係し、それが引き金になっている可能性が高いことでしょう。

・まとめ

今回は、勃起していないのに、射精してしまう!その原因について解説してきましたが、いかがだったでしょうか!?

今回のような症状に関しては、自然と治ることもあります。
しかし、自力で治そうとしてもなかなか効果を感じることができなかった場合は、精力剤を活用してみるのもいいでしょう。

その中でも特におススメなのが下記に紹介している

クラチャイダムゴールドです。

・確かな自信を取り戻したい!
・「勃起しない」と思いたくない
・フル勃起の感覚を取り戻したい

など、男性特有の悩みに効果的に効いてくれるので、セックスをするのが億劫だった人にはうってつけの精力剤です。

リピート率は驚異の97%と使用した人が効果を感じている実績もあります。

なので、気になった人は下記から公式ホームページを覗いてみてくださいね。


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です