和食を食べることでEDになりにくい体作りができる!

和食は、日本の伝統文化と言っても過言ではないです。

ヘルシーで健康的な和の心。

そんな和食がEDに効果があることをみなさんはご存じだったでしょうか?

なんとなくイメージとして、EDに効果のある食材って言ったら肉食系を想い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

今回は、なんで和食がEDに効果的なのかを解説していきたいと思います。

・なぜ、EDに和食が効果的なのか?

まず、加齢によるEDの場合、主に2つの原因が存在します。

1つ目は加齢によるテストステロン(男性ホルモン)の低下。

そして、もう一つが加齢による血管の老化です。

血管の老化が起こると、動脈硬化になるリスクが高くなります。

そして、以前このブログでも紹介したように、動脈硬化になるとEDになるリスクも飛躍的に高くなるのです。

和食はこの2つ目の原因とされている血管の老化、すなわち動脈硬化に大変効果があるとされているのです。

・和食が動脈硬化のリスクを下げてくれる要因とは?

では、和食はどうして動脈硬化になるのを防いでくれるのでしょうか?

それは和食に多く取り入れられている穀物魚類に含まれている抗炎症成分の働きによります。

動脈硬化の大敵は主にコレステロールになります。

コレステロールは加齢による炎症を起こした血管の内側を修復しようと蓄積され、それが動脈硬化に繋がるのです。

そして、先ほども紹介したように、和食には抗炎症成分を多く含んでいることから血管内の炎症を防ぎ、コレステロールが蓄積されない血管作りをしてくれるのです。

その結果、動脈硬化になるリスクを下げ、結果的にEDになるリスクを下げてくれるのです。

・動脈硬化を防いでくれる成分は‘ポリアミン’!

血管内の炎症を防ぎ、ケアをしてくれる成分とし特に摂取したいのがポリアミンという成分です。

ポリアミンとは母乳にも含まれ、人間の体内で生成される成分で加齢により生成される量は減少してしまいます。

なので、ポリアミンを食事などから積極的に摂取することで動脈硬化になるリスクを回避できるのです。

ポリアミンは‘納豆’や‘味噌’などの発行食品に多く含まれていることから和食を食べることで、結果的にこのポリアミンを多く摂取することができるのです。

また、整った腸内環境下では、腸内細菌もポリアミンを生成してくれるので、和食などの腸内環境を整えてくれる食材を摂取し、腸内ケアにも心がけることをおススメします。

・まとめ

いかがだったでしょうか?

昔から日本食すなわち和食は健康によい食事として定評がありました。

そんな和食がEDにも大変効果があると知ったら食べずにはいられなくなったのではないでしょうか?

私も、今日から少しずつ和食を食べ、健康的な体作りを心がけていきたいものです。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です