夜のFacebookがテストステロンを減少させるって本当?

近年、TwitterやFacebookといったコミュニケーションツールの発達により私たちの生活は一変したと言っても過言ではなくなりました。

遠方にいるリアルな友達の近況も簡単に知ることができ、自分の知らない世界の人とも簡単に繋がることができるようになったのです。

しかし、便利な反面デメリットもあります。

しかもそれがテストステロンすなわち男性ホルモンの値と関係しているのです。

今回はFacebookとテストステロン値の関係について解説していきたいと思います。

・Facebookがテストステロン値にどのような影響を及ぼすのか!?

まず、本ブログでも何回か紹介している通り、テストステロンの分泌は、陰茎の勃起という生理現象に対して自律神経がリラックスしている状態でなければ生じることはありません。

すなわち、自律神経がリラックスした状態であることが男性機能にとっては非常に大切になってくるのです。

そして、このテストステロンの分泌に必要な自律神経のリラックス状態に影響を及ぼしているのがFacebookになるのです。

では、なぜFacebookが自律神経に影響を及ぼうのか以下に解説していきたいと思います。

・Facebookの情報は人の感情を揺さぶることで自律神経に影響を与えている!?

Facebookをしている人なら分かると思いますが、Facebookはリアルな友達の近況を知る上で最も有効な手段です。

そこには知りたかった情報もあれば、知りたくなかった情報ももちろんあります。

特に、知りたくなかった情報を見た時、人の心は揺れ、色々な感情が芽生えます。

そんな風に感情が揺さぶられた時に自律神経のリラックス状態はストップするのです。

自律神経のリラックス状態がストップした時、人は興奮状態に入っていることが多く、興奮状態に入るとテストステロンの分泌が抑制されます。

その結果、陰茎の勃起という生理現象も起きにくくなってしまうのです。

人は夜間帯に自律神経がリラックスすることが多いのですが、このFacebookのおかげで、貴重なリラックスタイムを無下にするのが

夜のFacebook

になるというわけです。

・まとめ

今回はFacebookが男性機能に与える影響を解説してきましたがいかがだったでしょか!?

確かに、Facebookには色々な情報が入ってきて便利であり、楽しいコミュニケーションツールと言えます。

ですが、リアルな友達が多いことで、逆に嫌な気分になることも多々あります。

そんな時、人の感情は揺さぶられ、上記で解説したようなことになるのです。

なので、Facebookを利用するにあたって、夜間帯はなるべく控えること
で、そのような減少を少しでも抑えることができれば、よりよいFacebookライフになるのではないでしょうか!?

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です