夜中のトイレがEDの予兆と言われる訳とは!?

「最近、夜中にトイレに行く回数が増えたな…」

と夜中のトイレが以前の回数よりも増えたと思い当たるふしがあればEDが忍び寄っている可能性もあります。

では、なぜ夜中のトイレが増えることでEDの疑いがあるのでしょうか!?

それには男性ホルモンが大きく関係しているのです。

なので、今回は夜中のトイレとEDの関係について解説していきたいと思います。

・日本人男性の夜中のトイレ回数

夜中にトイレに起きる日本人男性は50歳以上であれば約過半数と言われています。

また、70歳以上になると大半という統計もあるのです。

その中でも3割の方がトイレの為に3回以上目を覚ましているのです。

夜中に3回以上トイレに行くと正直キツイのではと思ってしまいますが、70歳以上の約3割が該当するとは正直驚きではあります。

・男性ホルモンが低下するとEDになるリスクが高くなる!?

まず、男性ホルモンすなわちテストステロンは「男らしいたくましい体を作る」と考えられている物質になります。

そして、この男性ホルモンは勃起に必要とされている一酸化窒素(NO)の供給や酸化ストレスを抑制する働きがあります。

つまり、男性ホルモンの量が低下するということは勃起に必要な一酸化窒素(NO)の供給が減少してしまう為、EDになるリスクが高くなってしまうのです。

・夜中のトイレは一酸化窒素(NO)低下の警告!

男性ホルモンの低下が招くのは、一酸化窒素(NO)の供給量低下ばかりではありません。

その代表例として‘頻尿’があります。

寝る前に水分を多く摂りすぎてしまった場合など、夜中にトイレに行くこともあります。

しかしながら、男性ホルモンの低下がもたらす症状はメカニズムが違うのです。

例えば、一酸化窒素(NO)が低下することで膀胱が硬くなり、尿をたくさん貯めることができなくなり、頻尿状態となります。強い酸化ストレスで一酸化窒素(NO)が減ることで頻尿になる場合もあるのです。

つまり、夜中にトイレの回数が増えるということは一酸化窒素(NO)不足の警告とも言えるのです。

・まとめ

このように一見関係なさそうな頻尿とEDには一酸化窒素(NO)の不足という共通原因があったのです。

なので、水分を多く摂取してしまったなどの要因が無いのに、夜間帯のトイレ回数が増えた時には要注意です。

日頃から意識して注意していると、そのような些細な変化にも気づきやすくなることでしょう。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です