女性ホルモンが増えると精力が減退してしまうのか!?エストロゲンとの関係性は?

男性であれば、精力増強のために男性ホルモンを増やす必要があります。

男性ホルモンであるテストステロンは男性機能の働きを高め、EDの改善を促進する必須成分でもあります。

そして、あまり知られていないのですが、実は男性にも少なからず女性ホルモンの分泌があります。

しかしながら、女性ホルモンを摂取し過ぎてしまうと、性欲や精力減退に繋がるとされているので、その副作用には注意が必要になるという訳なんですね。

なので、今回は女性ホルモンと精力減退の関係について解説していきたいと思います。

・女性ホルモンと精力減退の気になる関係性とは?

女性ホルモン(別名:エストロゲン)には、女性らしい体つきにするほか、コレステロールの増加を抑えたり、肌の代謝を促進させ、自律神経を安定させる働きがあるとされています。

そのため、女性は男性に比べて体毛が薄かったり、丸みの体つきをしているという訳なんですね。
しかしながら、この女性ホルモンを男性が摂取し過ぎるのには注意が必要なんです。

もちろん、男性でも体内で多少なりの女性ホルモンを分泌している訳ですから少量であれば基本的にはあまり影響はありません。

しかし、注射などによる投与で大量に女性ホルモンを摂取し続けると、男性機能にとってマイナスの減少が起きてしまうのです。

・女性ホルモンを摂取しすぎるマイナス要因とは?

女性ホルモンを大量に摂取してしまうことで、男性機能が低下してしまうマイナス要因があります。
十分な量の精子が作られなかったり、性欲がなくなったり、精力が減退してしまったり、ED、陰茎の縮小などの症状が出てしまう可能性があるのです。

また、肝機能や腎機能の悪化、糖尿病のリスクなど、健康を害してしまう可能性もあるとされています。

このような副作用があるとも知らずに、頭髪を増やしたいがために、女性ホルモンを頭部に注射して体が女体化してしまった男性もいるそうです。

強すぎる性欲を抑えるために女性ホルモンを投与した男性もいるのだとか。

もし、体内に女性ホルモンを増やしたくないと考えるのであれば、エストロゲンに似た働きのある食べ物の摂取を控えた方がいいのかもしれませんね。

下記にエストロゲンを増やす食べ物について解説していきたいと思います。

・エストロゲンを増やす食べ物

女性ホルモン、すなわちエストロゲンに似た働きをする食べ物で代表的なものが
‘大豆’になります。

豆乳や納豆、油揚げは大豆製品として有名です。

これらを摂取しすぎることで、精力減退に影響を与えてしまう可能性があります。

ただし、あくまで摂取し過ぎた場合の話です。
通常の量を食べる程度では何ら問題はないでしょう。

むしろ植物性タンパク質などの栄養が豊富な食材になるので、適度に食べる分には健康に良いと言えるのです。

・まとめ

今回は、女性ホルモンが増えると精力が減退してしまうのか!?エストロゲンとの関係性について解説してきましたが、いかがだったでしょうか!?

女性ホルモンは日々の生活の中で特段変わったことをしていなければ急に増加するなんてことはまずないでしょう。

しかし、男性が女性ホルモンを体内に多く摂取してしまうと、リスクがあることだけは覚えておいた方がいいのかもしれませんね。


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です