寝不足になるとEDに陥りやすくテストステロン値が減少する!そのわけとは!?

寝不足になると、疲れが溜まりやすくなり色々なところで支障をきたします。

寝不足になった次の日の仕事や学校は本当に疲れるものです。

これは誰しもが1度は経験したことがあるのではないでしょうか!?

そして、この寝不足は単に体の疲れだけではなくEDと深い関係があるのです

また、EDのみならず寝不足になることでテストステロン(男性ホルモン)値も低くなることが証明されているのです。

今回は、そんな寝不足とEDについて解説していきたいと思います。

・寝不足がEDを招くって本当なの!?

ある調査結果によると寝不足がEDを招くことが証明されているのです。

その調査を行ったのが、EDを専門分野としている某クリニック。

その調査内容とは、某クリニックがインターネットを通じて、30代~40代の男性を対象に以下の集計結果を取ったものになります。

睡眠時間/EDを自覚する男性の比率
8時間以上/37.5%
3時間未満/100%

上記の集計内容からも分かるように、睡眠時間が短くなるにつれてEDを自覚する男性の比率が高くなっているのです

寝不足がEDを招く要因であることはこの集計結果を見れば一目瞭然。

ちなみに、この集計をとった男性全員のうちに占めるEDを自覚する男性の比率は平均値が約50%となっているのです。

・寝不足がテストステロンの値を減少させる要因になっている!

一方で、EDの要因となるテストステロン値の減少も寝不足と関係していることが明らかとなっています。

アメリカのシカゴ大学では、睡眠時間とテストステロン値の減少の関係について調査を行い、実におもしろい結果が発表されています。

<平均年齢20歳半ばの男性10名が対象の調査>

シカゴ大学が2011年に行った調査によると、睡眠時間が5時間となる生活を1週間継続させたところテストステロンの値が10%~15%も減少。

ちなみに、20歳半ばの男性のテストステロンが減少するのは年間で通常約1%~2%
程度。

なので、それにくらべると約5倍ものテストステロン値の低下が見られたのです。

これは尋常じゃない程、睡眠時間がテストステロン値に影響を与えているといっても過言ではないのです。

・まとめ

今回は睡眠とEDについて解説してきましたがいかがだったでしょうか!?

睡眠とEDまたはテストステロン値は非常に親密な関係であると言えます。若くても睡眠時間が少ないと、EDに陥ってしまう可能性が大変高いのです。

つまり逆を言うのであれば、睡眠をしっかりと摂っていればEDになるリスクは下がりテストステロン値もそこまで減少することはないのです。

なので、若いからと言って夜更かしをし過ぎないことがED予防にも繋がるのではないでしょうか。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です