射精量が少ない…本当の原因とは何なのか!?

セックスをした時やオナニーをした後の射精量が少ないと

「あれー。なんか少ないけど、大丈夫かな!?」

と少し不安な気持ちになってしまいます。

射精量が少ないことで

「でたっ!」

という爽快感も減少してしまいますし、なんとなく相手に対
しても申し訳ない気持ちが芽生えてしまいますよね…

なぜ、射精量は少なくなってしまうのでしょうか!?

今回は射精量が少なくなってしまう原因と対策について解説していきたいと思います。

・射精量が減少する理由その①「年齢」

まず、射精量が減少してしまう要因の一つに年齢があります。

年齢を重ねるごとに生成される精液の量自体が減少してしまうことから、射精量も減少してしまうのです。

傾向としては、20代半ばをピークにして、その後はゆるやかな曲線を描くような形で老化をしていく傾向にあり、それに伴って精液の生成量も減少してしまうようですね。

もちろん、個人差はあるので一概に全員がこのような経路をたどるわけではありませんが、一般的にはこのようになっているのです。

ですが、この記事を読んでいる男性が10代や20代の男性であれば年齢が原因とは考えにくいので下記に解説する要因が影響している可能性が高そうですね。

・射精量が減少する理由その②「食事バランスの偏り」

次の要因として挙げられるのが
食事バランスの偏りです。

実のところ射精量は、食事などの栄養バランスと密接に関わっているとされています。

現代では、添加物が多く含まれている食品が非常に多くなりました。

添加物ばかり食べていると、精液の生成量を増やしてくれる成分として
亜鉛やアルギニン
の摂取量がどうしても少なくなりがちです。

そうなってしまうと、知らず知らずの内に射精量が低下してしまうこともあるのです。

精液を生成する成分は意識的に摂取していかないとどうしても減少してしまいがちになります。

ちなみに、精液の中には高濃度の亜鉛が含まれているので、射精すればするだけ体の中の亜鉛が少なくなってしまいます。

つまり、亜鉛はできるだけ毎日摂取した方が良いのです。

・射精感が減少する理由その③「男性ホルモンの分泌量の低下」

男性ホルモンすなわちテストステロンは男性の精力にとって高い影響力を持ったホルモンになります。

男性ホルモンの分泌量が多ければ多いほどセックスに対してのやる気も出てきますし、精力のアップも見込まれます。

その反対で男性ホルモンが低下してしまうことで、精力も低下しセックスに対してのやる気も低下してしまいがちです。

この男性ホルモンが低下する原因と言われているのが
・ストレス
・過剰なアルコール摂取
・慢性的な睡眠不足

だと言われています。

先ほど解説した精液の生成に大きな影響を与えている亜鉛の量はこの男性ホルモンの分泌に関係があるので、食事バランスは男性ホルモンにも関係しているのです。

・まとめ

今回は射精量の低下の原因について解説してきましたがいかがだったでしょうか!?

射精量の低下の原因は主に
・年齢(老化)
・偏った食事バランス
・男性ホルモンの低下

が原因のようですね。

改善策としては、生活習慣の改善から食生活の改善が挙げられますが、それらを変えることに対してストレスを感じてしまうケースも非常に多く、なかなか改善できない人は多いものです。

なので、生活習慣や食生活の改善が難しい人は、効率よく射精量を上げるためにも

亜鉛
アルギニン

を多く含んだ精力剤を服用すべきです。

それらを多く含んでいる精力剤として有名なのが
クラチャイダムゴールドという精力剤になります。

確かな元気を取り戻しつつ、爽快感のある射精量を取り戻したい方には必見の精力剤になっているので、興味がある方は下記リンクから概要を見てみてください。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です