意外と知られていないEDの2つの意味とは!?

EDはみなさんもご存じの通り、勃起不全症のことを指します。

EDの略語は「Erectile Dysfunction」(エレクタイル ディスファンクション)からきています。これを略すと勃起不全症になるのです。

しかし、このEDにはこの「Erectile Dysfunction」以外にもう一つの意味が含まれているのです。

今回は、EDの略語に含まれているもう1つの意味について解説していきたいと思います。

・EDのもう一つの意味とは!?

EDに含まれているもう一つの意味とは
「Endothelial Dysfunction」(エンドセリアル ディスファンクション)
になります。

これを日本語訳すると「血管内皮障害」となります。

動脈硬化の原因は一酸化窒素(NO)の生産量の減少になるのですが、その一酸化窒素(NO)は血管内皮から分泌されています。
動脈硬化が原因で血管内皮からの一酸化窒素(NO)の量が減ると、その影響が男性器にも顕著に表れます。

そいったことから、EDはこれらの意味も含んだ略語になるのです。

・一酸化窒素が減る原因とは!?

一酸化窒素(NO)は、男性器が勃起する上で非常に大切な成分になります。

この一酸化窒素(NO)は若々しい健康体においては十分に生成され、男性器の筋肉をゆるませる働きがあります。

しかしながら、この一酸化窒素(NO)は
・加齢
・ストレス
・肥満

などが原因となってその生成が十分にされず、一酸化窒素(NO)が不足しがちになります。

この一酸化窒素(NO)の生成量を維持する為には、生活習慣病の予防やテストステロンすなわち男性ホルモンを増やすことで予防できると言われています。

なので、規則正しい生活や適度な運動を日常の中に取り入れることで、一酸化窒素(NO)の減少を予防することができるのです。

・まとめ

今回は勃起不全症の略語であるEDのもう一つの意味について解説してきました。

そのもう一つの意味として
「Endothelial Dysfunction」(エンドセリアル ディスファンクション)
すなわち「血管内皮障害」があります。

これは、まさにEDの原因となる要因であり、直結した略語であることが分かりますね。

ということは、EDには血管内皮から生成される一酸化窒素(NO)の役割が非常に大切になってくるということなのです。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です