愛情ホルモンの代名詞とも言える「オキシトシン」とは!?

みなさんは
オキシトシンという成分の名前を聞いたことはあるでしょうか!?

オキシトシンとは一般的に‘愛情ホルモン’と呼ばれ、パートナーとの愛情を感じることができた時に分泌されるホルモンになるのです。

このオキシトシンには、とてつもない力が秘められているとされ、様々な分野で日々注目を集めているホルモンになります。

なので、今回はオキシトシン別名:愛情ホルモンについてどのような作用があるのかを解説していきたいと思います。

・パートナーとの絆には不可欠なオキシトシンとは!?

まず、オキシトシンが注目を集めている要因の1つは、恋人間や夫婦間の愛情を深め
る作用
があるところです。

オキシトシンが分泌されることで警戒心や恐怖心を和らげる作用がある為、心身ともに非常にリラックスした状態になることができます。

心因性EDの場合、リラックスできない状態からEDになるケースもある為、そのような方にはこのオキシトシンというホルモンの分泌は非常に効果的になってくるのです。

また、このオキシトシンは愛情ホルモン以外にも絆ホルモンと呼ばれ、自閉症の治療にも活躍が期待され、ストレスの耐性を上げる効果もあることで注目を集めているのです。

・オキシトシンが分泌される為にはどのようにしたら良いのか!?

このオキシトシンを分泌させる為に重要になってくるのが
スキンシップ
になります。

パートナーとの1番のスキンシップは性交渉です。

つまり、このオキシトシンを分泌させる為には恋人との性交渉が1番有効的なのです。

ちなみに、性交渉をすれば分泌されるというわけでは無く、セフレではなく恋人などの心から愛情を感じることができる相手でなければオキシトシンの分泌はイマイチになってしまいます。

つまりオキシトシンの分泌には
愛のあるセック
が有効的になるのです。

・オキシトシンが強い人とは!?

オキシトシンは愛情ホルモンと呼ばれてはいますが、純愛ホルモンではありません。

オキシトシンが強い人は、愛情を感じやすい傾向にあります。

そのため、異性に対しても割とすぐに愛情を湧きやすい傾向にあるのです。

悪い言い方をするのであれば、惚れやすく、浮気しやすいタイプになります。

あくまで傾向なので、全員が全員そういう訳ではないのですが、愛情が沸きやすいということは言い換えれば惚れやすい傾向にあるのです。

・まとめ

今回はオキシトシン別名愛情ホルモンについて解説してきましたが、いかがでしたか?

幸福感が増すオキシトシンは性交渉時に一番分泌されるとされています。

愛する異性との性交渉を積み重ね、お互いがかけがえのない存在になるように絆を深めてみることは人生において特に必要になるのではないでしょうか!?

愛情ホルモンまたは絆ホルモンが出ていると感じる瞬間はこの上ない幸せだと思います。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です