挿入しているはずなのに気持ちよくない!そのように感じてしまう原因とは!?

セックスをしているのに、挿入してもなぜか気持ちよくないと感じてしまうことがあります。

オナニーの時は凄く気持ちがいいのに、いざ女性の中に挿入してみるとそうでもないと感じてしまう男性が多いのです。

そもそも、本来は気持ちが良いはずの行為なのにどうして気持ちよくないと感じてしまうのでしょうか!?

この原因には実は色々なことが重なっている可能性が高いのです。

なので、今回は挿入しているはずなのに気持ちよくない!そのように感じてしまう原因について解説していきたいと思います。

・気持ちよくない原因その①「オナニーの影響」

セックスしても気持ちよくない!
そんな時、まず考えられるのが‘日ごろのオナニー’です。

結構な頻度でオナニーをしている男性にありがちなのが、普段からかなり刺激の強いAVなどを見ながら力強くオナニーをしていると、本番での刺激が薄く感じてしまうようですね。

本来であれば、挿入という行為は最高のオーガズムを感じられる瞬間のはずなのにも関わらず、普段の自分の行動によってオーガズムを感じることができない‘ドライオーガズム’と呼ばれる現象に陥ってしまうのです。

オナニーでは気持ちが良く何回でも射精できるのに、セックスでそれができないなんて悲しすぎます。

この場合は純粋にオナニーの回数を減らしたり、日ごろのオナニーでの刺激を抑えることで、ある程度は回復が見込めますので、まずはそこからチャレンジしてみる方がいいでしょう。

・気持ちよくない原因その②「EDの前触れの可能性も」

セックスで気持ちよさを感じることができないようであれば、EDという勃起不全もしくは射精障害が起きてしまうイメージが強くなると思います。

しかしながら、実際にそのイメージは正しいのですが、EDにも幅広い症状があります。

今回のようにセックスをしても気持ちよくない、感じることができないというのも一種のEDである可能性はいなめません。

「勃起ができているのだからEDとは違うのでは?」
と考える人もいるかと思いますが、勃起ができてもセックスを最初から最後までできないような状態も含めてEDの症状であると考えられます。

まだ年齢的にそんな歳でないにしても、実際のところ10人に1人はEDと言われている時代なので、その可能性が高いのです。

・気持ちよくない原因その③「男性ホルモン不足」

また、男性ホルモンの分泌量が少なくなっていると今回のようにセックスを気持ちいいものだと感じることができなくなってしまう可能性もあります。

男性ホルモンが少ないということは、精力が落ちて、感度が悪くなってしまいます。
射精感がやってこないことから気持ちよさを感じることができないのです。

男性ホルモンは、精力や精巣機能、快楽増加などをつかさどる非常に重要度の高いホルモンになっているので、それが不足してしまうことで今回のように、セックスで挿入しても気持ちよくなることができない原因に繋がってしまうという訳なんですね。

・まとめ

今回は、挿入しているはずなのに気持ちよくない!そのように感じてしまう原因について解説してきましたが、いかがでしたか!?

セックス時に気持ちよさを感じることができない時、てっとり早く解消する方法はズバリ、サプリメントを服用することです。

サプリメントにも豊富な種類があることからどれを選んでいいのか正直迷ってしまいますよね。
そんな時は‘クラチャイダムゴールド’を活用すれば、セックス時の快楽を取り戻すことができるようになります。

精力剤の中でもいまのところNo.1と呼び声の高いクラチャイダムゴールドを利用して爽快感のある射精感を取り戻してみてはいかがでしょうか!?

公式サイトは下記から覗いてみてください!

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です