新規ED患者の実に25%の人が薬剤性ED!?

薬剤性EDとは、自身が内服している薬が原因でEDになることを言います。

驚くべき研究データとして、新規ED患者の実に25%もの人が薬剤性EDによるものだと言われているのです。

今回は、実に興味深い薬剤性EDについて解説していきたいと思います。

・薬剤性EDとはどんなものなのか?

薬剤性EDとは冒頭にも書いたように内服している薬が原因でEDに陥ってしまうことを言います。

薬剤性EDと言っても生理学的な根拠があるものと症例報告によって因果関係が高いものがあると言われているのです。

例えば、高血圧の治療に必要な降圧剤、睡眠薬、抗てんかん薬、抗うつ薬、高脂血症の治療で使用される脂質異常症治療薬、アレルギー用剤などがあります。

ですが、これを服用したからと言って必ずEDになるというわけではなく、発症率も症状にも個人差があります。

仮に上記の服薬をしておりEDを発症してしまったとしても一概に服薬が原因となっているわけではなく、他の原因が起因している可能性もあるのです。

・主な薬剤性EDの原因とされる薬剤とは?

薬剤性EDを引き起こす可能性があるとされる薬剤は大きく分けると8種類あると言われています。

以下にそれらを記述します。

1.精神神経用剤:抗精神病剤、抗うつ剤、催眠鎮静剤etc…
2.ホルモン剤:抗アンドロゲン製、エストロゲン製剤etc…
3.降圧剤:ベータ遮断薬、カルシウム拮抗薬etc…
4.脂質異常症治療薬:スタチン系、フィブラート系etc…
5.抗潰瘍薬:メトクロプラミド、スルピリドetc..
6.アレルギー用剤:抗ヒスタミンetc…
7.消炎鎮痛剤:非ステロイド系抗炎症剤etc..
8.呼吸器用剤:テオフィリン、ベータ刺激薬etc…

上記の薬剤はEDを引き起こす可能性が高いとされている薬剤です。

添付文章上の副作用にも記載があります。

ただ、何度もいうようですが、これには個人差もあるので服用しているかといって必ずEDを発症するわけではありません。

・薬剤性EDに陥ってしまった時の対処法とは?

薬剤性EDに陥ってしまった場合、服薬を辞めるのが1番の方法です。

ですが、薬剤性EDの原因となりえる薬は命に関わる薬や生活に欠かせない薬も多いことから簡単に服用を辞めるわけにはいきません。

なので、医師と相談し服用を辞めても大丈夫か?または服用する薬の量を減らすかなどをよく相談する必要があります。

また、原因と思われる薬を他の薬に代えたりできないか相談することも1つの手であると言えます。

ですが、服薬に関しての素人判断ではリスクが高すぎるので必ず医師と相談の上、服薬の内容を検討・相談することが最善策であると言えます。

・まとめ

薬剤性EDは服薬が原因でEDになってしまうことなのですが、服薬している薬は健康上必要な薬が多いのです。

なので、服薬内容を代えたい場合は必ず医師と相談した上で検討する必要があります。

現代では、ストレスなどが原因で心療内科にかかり抗うつ剤を服用している人が増えており、そういった背景もあって薬剤性EDが
新規ED患者に占める割合の25%とも言われているのです。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です