日常の中に潜んでいるテストステロン値を低下させてしまう原因について

テストステロンすなわち男性ホルモンを低下させてしまう原因はいくつもありますが、日常生活の中でも「そんなことで?」というようなものも存在します。

今回は、日常の中に潜む意外と知られていないテストステロン値の低下リスクについて解説していきたいと思います。

・就寝前のちょっとしたことでテストステロン値の低下に…

就寝前、みなさんは何をされますか?

1日の疲れを癒すためにストレッチをしてみたり、本が好きな人なら就寝前のちょっとした時間に読書をする人もいるかもしれません。

しかし、現代人の多くは就寝前にスマートホンすなわちスマホでネットサーフィンをしたりまたはパソコンでネットサーフィンをする人が非常に多いのです。

別にネットサーフィンをすることは何ら問題はないのですが、就寝前のそのちょっとしたことが実はテストステロン値の低下に一役かっているのです。

それがどういうことかと言うと、基本的にテストステロンは睡眠中に分泌され、睡眠の質によってテストステロンの分泌が左右されると言われているのです。

また、スマホやパソコンから発する光というのは、非常に強く、この光を睡眠前に浴びてしまうと睡眠を悪化させてしまいかねないのです。

質の悪い睡眠になってしまうと、ホルモンの分泌を妨げ、結果としてテストステロン値の低下に繋がるのです。

・日本男性の平均睡眠時間は世界の中でも非常に短い!

実に興味深い事実があります。

それが、成人している日本男性の平均睡眠時間の短さです。

日本男性(成人)の平均睡眠時間は世界の中で下から2番目に位置づけされており、非常に睡眠時間が短いとされているのです。

睡眠時間が短いとテストステロンの分泌にも大きな影響を及ぼし、結果としてEDに陥ってしまう可能性が高くなってしまうわけです。

それを裏付ける結果として、日本国内の成人男性を対象として調査でも
睡眠時間が3時間以内の男性は、100%に近い方がEDを自覚しているといった結果も出ているのです。

これは、睡眠時間が不足した結果、テストステロン値が低下し、EDを招いてしまったということなのです。

睡眠の質も大切ですが、それに合わせて睡眠の量もテストステロンを維持するためには極めて大切な要素になってきます。

基本的な睡眠時間としては最低でも6~8時間は欲しいものです。

・まとめ

今回は睡眠とテストステロンについて解説してきましたが、いかがだったのでしょうか?

私を含めてなのですが、就寝前のスマホイジリを日課にするのは極めてデメリットが多いようです。

確かに、スマホをイジった後に「よし、寝るぞ」と思っても中々寝付けないこともしばしばです。

それは、先ほども記述したようにスマホから発している光が原因なのです。

明日からと言わず、今日から就寝前のスマホイジりは控えた方がよさそうですね…

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です