日本家庭では性がタブーになってしまっている現実

日本家庭では性がタブーになってしまっている現実

日本家庭でよく見られがちなパターンは、家族団らんの一時にテレビで少しエッチなラブシーンが流れた時

「なんとなく気まずい」

このような雰囲気になった経験をした人って多いと思います。

恋人同士だった頃は普通に体の関係もあったのに、結婚後は気づかぬうちにセックスレスに…

そんなカップル・夫婦は日本においては極めて多いです。

その背景には色々な原因や要因がありますが、その中の一つに

「性のタブー視」

があります。

なんでそのようになってしまったのか…

今回は日本家庭で性がタブーになっている現状と打開策について解説していきたいと思います。

・日本家庭では性にまつわる話題が禁止傾向にある!

日本家庭の特徴として、家庭内で性がタブーになっているという現実があります。

子どもの性教育的な観点から言えばある程度の性的な知識を子どもに授けることは大切なことです。

しかし、日本家庭においては性に関連することが

「何となく触れてはいけない話題」

になっているのです。

そうなると、一体どんなことが起こるのでしょうか?

その結果、子どもは

「性的なことはいけないことなんだ」

と思うようになります、

一方で現代の若者は特に10代から性交渉をすることが当たり前になっていることから、親に隠れて外で経験を積み重ねるという、少しバランスが悪い国になっています。

もちろん、性的なことなので堂々とオープンにすればいいというわけでもありませんが、家庭内であまりにも性をタブー化してしまうと
その子が大きくなり、結婚した時に、同じように家の中に性を持ち込みたがらなくなってしまう可能性もあります。

それでいて外では浮気をしてしまう、ということにも繋がりかねません。

そう考えると、もう少し日本家庭でも性の扱い方というのを改めた方がいいような気もします。

あまり他人様に聞かせるようなことではないにしても、決していけないことではないので、愛し合う男女なら当たり前の行為であるということくらいは教えることが必要なのかもしれませんね。

・もう少し夫婦として2人いる時間を大切に!

家庭に性を持ちたがらない人は

「両親とは聖人君子でないといけない」
「いい父・母親と性的なことは両立しない」

という考え方を無意識に持ってしまっています。

その点、外国では日本より少しそこらへんがいい意味で自由になっています。

特に欧米では、週末にはベビーシッターを雇い、子どもを預けて2人で食事や買い物に行く時間を設けるようにしています。

また、寝室も日本とは違って子どもは別にしており、夫婦2人の寝室も確保しているので、自然と家庭内にセックスを持ち込みやすくなっているのです。

一方、日本においては、欧米より狭い環境になることから、夫婦2人の部屋などない家庭が多く、子どもを人に預けてまでデートなんて…という罪悪感からなかなか時間を作れない人が多いのです。

しかし、セックスレスを解消するためには意識して夫婦の時間を持つということも大事になってきます。

むしろ、いい夫婦がいつまでも仲良くいることは、子どもにも良い影響を及ぼします。

もしろん好き勝手やっていいわけではなく、時には夫婦から男女の関係に戻ることでバランスが良くなる可能性が高まるのです。

・まとめ

今回は日本家庭の性事情に関して話をしてきましたが、いかがだったでしょうか?

時として、夫婦ではなく男女の関係に戻ることはセックスレス解消にもつながるため、たまには割り切って子どもを少しだけ預けて2人の時間を作ることも大切なんですね。

夫婦も人間。

何も聖人君子になる必要はなく、子どもと正しい知識をしっかりと共有することも大事になってくるのです。

欧米の良いところは日本も真似をしていきたいものですね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です