歓送迎会のこの時期に行いたい男性機能のケアとは!?

3月4月は日本中が歓送迎会時期に突入し、お付き合いのお酒を飲む機会が増えてくるものです。

過激な飲酒は自律神経のバランスを崩し、男性機能が低下する原因にもなるとされています。

だからこそ、お酒を飲んだ後にしておきたい男性機能を守るためのケアが大事なのです。

今回は、そんな男性機能を守る為のケアと題して解説していきたいと思います。

・そもそも、飲酒をすることで男性器にどのような影響があるの!?

まず、知っておいていただきたいことがテストステロンすなわち男性ホルモンの分泌量の増減も、陰茎の勃起する力もその鍵を握っているものの1つが体内に張り巡らされている神経システムの1つである自律神経なのです。

そもそも、自律神経の活動とはリラックスをコントロールし常にその間のバランスを保つ働きをしているのです。

しかし、このバランスが崩れることで男性ホルモンが低下し、結果的に勃起力の低下に繋がります。

そして、過剰な飲酒はこの自律神経のバランスを崩し、男性機能の低下の原因とされていることから、飲酒は男性機能に少なからず影響を及ぼしているのです。

・飲酒後の男性機能のケアとは!?

先ほど、記述したように過剰な飲酒は勃起力の低下に繋がります。

厳密に言うと、大量に飲酒した翌朝はアルコールが体内に残っており、その残ったアルコールが自律神経のうちの1つである交感神経に過剰な刺激を与えてしまい自律神経のバランスを崩してしまうのです。

そして、交感神経への継続的な刺激は血管を収縮させてしまい結果的に陰茎の勃起力の低下に繋がるのです。

血管が収縮してしまうと、陰茎内にうまく血流が流れ込まなくなり円滑な勃起ができなくなってしまいますからね…

そんな時の男性器のケアとして推奨されているのがです。

よく二日酔いの時には水を飲むことがおおいかと思います。

これにはちゃんとした理由があって、体内に残っているアルコールを分解するのには大量の水が必要になるのです。

飲酒した翌朝に、喉が渇くのはこのためです。

また、アルコール分解のために体内の水が不足することで血液がドロドロ状態になってしまうことも勃起力の低下に繋がります。

なので、過剰な飲酒をした際には多くの水分を摂取し、アルコールを分解することで自律神経や血管へのダメージを最小限に抑えることができるのです。

・まとめ

今回は、歓送迎会シーズンということもあり飲酒後の男性器のケアと題して解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

とにかく、飲酒をしたら水を飲み、アルコールを分解することが男性器のケアに繋がるみたいですね。

私も、明日以降連戦が続きますのでしっかりとケアをしていきたいところです。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です