注意すべきな勃起不全の2つの兆候とは!?

勃起不全症(ED)は中高年男性にとっていつなってもおかしくない症状です。

ある日、突然…

なんてことも決して珍しくないのがEDなのです。

ですが、EDに陥ってしまう前に兆候は表れるのもまた事実です。

今回はそんなEDの兆候について解説していきたいと思います。

・EDの兆候:朝立ちがなくなる!?

まず、EDの兆候として表れるのが‘朝立ち’がなくなることです。

ちなみに、成人男性であれば1日の睡眠中に約8回前後勃起しているのだそうです。

レム睡眠と呼ばれている浅い眠りの最中に起きる勃起と朝立ちは全て性的刺激が関係していない勃起になります。

性的刺激と関係のない勃起ということは、勃起する機能が正常に働いているのか、確かめやすい生理現象となるので、朝立ちの有無がEDの1つのバロメーターになっているのです。

ちなみに、EDに陥っている人の中で動脈硬化が原因でEDになっている人もかなりの数存在します。

動脈硬化になると、まず症状が現れるのが陰茎付近なのです。その理由といのが、陰茎付近を走っている動脈は他の動脈に比べると細く、血流の停滞が1番最初に現れるのです。

結果的に陰茎の血流が停滞し始めるとEDに陥ってしまうのです。

・EDの兆候:加齢臭がする!?

次のEDの兆候として挙げられるのが‘加齢臭’です。

中高年の方は大体この加齢臭になり悩んでいる方が多いようです。

では、この加齢臭が一体EDの兆候としてどのような関係があるのか?

まず、加齢臭とはノネナールという物質を指すのですが、このノネナールとはもともと体内の脂肪なのです。

加齢に伴い、有害とされている活性酸素が増加すると、脂肪は活性酸素によって酸化されノネナールになると言われています。

活性酸素はEDの大敵とされている成分です。つまり、活性酸素が体内に増えることで血管内皮を傷つけ、勃起の生理現象をコントロールしている一酸化窒素(NO)の血管内皮からの生産を妨げてしまうのです。

つまりどういうことかと言うと、脂肪をノネナールに変化させてしまう程、体内に活性酸化が増えてしまうと、その分だけEDに陥ってしまうリスクが高くなるのです。

なので、身近で加齢臭になっている中高年の男性がいた場合は、体内の活性酸素が増え、EDになるリスクが高い兆候の人なのです。

・まとめ

今回はEDの兆候として2つの兆候を解説してきましたがいかがだったでしょうか!?

2つの兆候はそれぞれ
・朝立ちがなくなる
・加齢臭がする

なのです、どちらとも生活習慣を改善すれば十分に改善の余地がある症状です。

当ブログでも動脈硬化や活性酸素に触れた記事を書いていますので、参考までに覗いていってくださいね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です