‘爪もみ’で時間もお金もかけずにEDを改善する方法を解説!

当ブログでもEDを改善するための運動やマッサージ方法をいくつかご紹介してきました。

そして、今回ご紹介するEDを改善する方法が爪もみです。

この方法を活用すれば、今までご紹介してきた運動やマッサージ方法よりも比較的時間がかからず、尚且つテレビを観ながらで
あったりと隙間時間にできるものなので取り組みやすいかと思います。

では、早速EDの改善効果があるとされている‘爪もみ’の方法を解説していきたと思います。

・‘爪もみ’の具体的な方法とは!?

今回、ご紹介するEDの改善効果がある爪もみの方法は以下の通りになります。

【爪もみの方法】

①「爪をもむ手」とは反対側の手の親指と薬指で、爪の生え際をつまみます。
②次に、つまんだ爪の生え際を少し痛みが感じる程度の力で1回につき約10秒間程度つまむように揉みます。

非常に簡単ではありますが、これがEDの改善効果がある爪もみになるのです。

特に、小指の爪を重点的に揉むことで、より一層ED改善に効果があるとされています。

・なぜ、爪もみがED改善に良いとされているのか!?

ここで疑問に思うのが

「なんで、それだけでED改善に効果があるの?」ということです。

その理由が、爪もみを行うことで自律神経の働きを正常にしてくれるところにあります。

自律神経には、交感神経と副交感神経があるのですが、この爪もみを行うことで副交感神経が活発になります。

基本的に勃起とは、男性器の血管が拡張したところに大量の血液が流れ込み起こる現象です。

この、一連の流れの中に血管を拡張させる作用として副交感神経が大きく関わっているのです。

副交感神経が活発になることで、血管の拡張に繋がり結果的に勃起しやすくなるというわけです。

なので、副交感神経を活発にさせる‘爪もみ’は自律神経(副交感神経)を正常化し活発にしてくれることからED改善に一役買っているということになるのです。

逆に交感神経が活発になると、血管が縮み勃起を円滑に行うことができなくなってしまいます。

交感神経はストレスなどによって活発な働きになるとされているので、そこには気を付けたいですね。

・まとめ

今日はED改善に効果のある‘爪もみ’について解説してきましたがいかがだったのでしょうか!?

やり方も簡単で尚且つ、時間もお金もかからないことから今からでも簡単に始めることができます。

始めるまでの敷居が低いので、男性機能に少しでも悩みがあるならば、隙間時間にぜひ取り入れてみてください。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です