男性ホルモンが低下する年齢とは?~元気な男でいるために~

男性ホルモン別名テストステロンが多い男性はEDになりにくいと言われています。

そんな男性ホルモンですが、年齢と共に低下することをみなさんはご存じだったでしょうか?

今回は、そんな男性ホルモンが低下するのは何歳くらいからなのか?について解説していきたいと思います。

この記事読んで少しでもみなさまの参考になればと思います。

・男性ホルモンが具体的に低下する年齢とは?

男性ホルモン別名テストステロンの値は20代にピークを迎えるとされています

そして、30代を迎えると緩やかに下降をはじめ40代半ばになると下降幅が拡大するのです。

さらに、50代になると急激に減少していくのです。

もちろん、この数字には個人差もあり一概にこの通りにいくわけではないのですが、男性ホルモンの低下に伴うEDや活力の低下、抑うつ、男性更年期の症状は40代頃に自覚する人が多いのも事実なのです。

なので、一概にこの通りとは言わないまでも、大勢の方がこのような流れで男性ホルモンの値が下降しているのです。

・睡眠不足が男性ホルモン値の低下を招くって本当?

男性ホルモンすなわちテストステロンは主に就寝中に生成されています。

なので、睡眠不足が続くと、当たり前なのですが男性ホルモン値が減少してしまうのです。

これは20代だろうが30代だろうが十分に起こり得ることです。

とある調査によると睡眠時間が3時間未満の40代男性であれば100%の確立でEDを自覚しているという調査結果まで出ているのです。

それほど、睡眠不足と男性ホルモンの値は深い関係にあるのです。

・20代でも睡眠不足は要注意!?

先ほども記述したように、睡眠不足が続くと20代でも30代でも男性ホルモンは低下します。

とある大学では、睡眠不足の男性生徒がEDになり病院で検査をしたところ男性ホルモンの急激な減少が原因と判明したのです。

そして、その男子生徒の男性ホルモンが減少した原因が睡眠不足続きの生活だったのです。

睡眠不足は決して特殊な環境ではなく、誰しも起こり得る生活習慣です。

その生活環境が男性ホルモンの低下を招いた結果は、若くても誰でもEDになってしまう可能性があるということを示唆しているのです。

・まとめ

上記のように睡眠不足続きの生活をしているだけでEDになる可能性は年齢に関係なく十分にあり得ることだと理解できたのではないでしょうか?

この結果からも分かるようにキチンとした睡眠時間を確保することでED予防にもなるのです。

なので「昔よりアソコが元気ないな…」とおもいだした方はしっかりと睡眠時間を確保することをおススメします。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です