睡眠不足の人はEDになりやすい!そのわけとは!?

睡眠不足になると体が疲れやすくなったりと、体のいたるところに症状が出来てきます。

そして、睡眠不足は男性ホルモンのバランスを崩してしまうのです。

男性ホルモンのバランスが崩れてしまうと結果的にEDになる確率が上がります。

今回は、睡眠不足になるとなんでEDになりやすいのか?に焦点をあてて解説していきたいと思います。

・睡眠不足はEDになるリスクを高めるがやみくもに睡眠しても効果はない!?

ここで、注意してもらいたいのが睡眠不足はEDになるリスクを高めますが、やみくもに寝ても解決しないということです。

これはどういうことかと言うと、男性ホルモンは昼間に睡眠をとってもあまり分泌されないのです。

なので、昼寝をするのではなく男性ホルモンの分泌が多い夜間に睡眠をとることが大切になってきます

昼に活動をして、夜に睡眠をとるという規則正しい生活がED予防に効果があるとされてるのです。

・なぜ、夜間の睡眠が大切なのか!?

先ほども書いたように、ED予防を心がけるのであれば夜間の睡眠が大切になってきます。

人間は寝ている間にレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返します。

このレム睡眠の時に‘夜間突起症状’すなわち朝立ちをして、男性器が無意識に勃起をしています。

この夜間の勃起の目的は、血管を拡張することで、陰茎海綿体に酸素や栄養素を送り、老廃物を排除することにあります。

要するに、男性器の機能を正常に保つために夜間の睡眠で体が体調を整えているのです。

こういった理由からも分かるように、男性器にとって睡眠は昼ではなく夜にとることが大切になってきます。

・正しい睡眠をとるにはどうすれば良いのか?

ここでは、正しい睡眠をとりED予防を行いたいと思った方のために、効果的な睡眠のとり方をお伝えしたいと思います。

まず1つ目が‘体内時計を正常に戻す’ことです。

基本的に人の体は日光を浴びることで体内時計がリセットされるとされています。

つまり、朝起きたらまず日光に当たることをこころがけましょう。

次に2つ目が‘喫煙・飲酒をやめる’ことです。

2つ目の理由というのが、喫煙・飲酒には交感神経を活発にしてしまう働きがあります。

つまり、交感神経が活発になりすぎると睡眠しづらくなってしまうのです。

最後の3つ目は‘昼寝をしすぎない’ことです。

昼間に睡眠をとりすぎると、体内時計が狂い、夜の寝つきが悪くなってしまうからです。

あとは、枕を代えてみたり寝具を充実させることも良い睡眠をとるための手法であると言えます。

・まとめ

今回は睡眠とEDについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか!?

今回紹介した内容の通り、睡眠とEDは親密な関係になっていると言えます。

つまり、良い睡眠をとることでED予防にもなるため、しっかりとした睡眠を心がけることでED予防に繋げていきたいものですね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です