精力増強の呼吸法!腹式呼吸で精力はアップする!

呼吸は地球上に生きる生物には欠かすことのできない行動の1つです。

その呼吸にも様々な呼吸法があり、呼吸法を変えるだけで得られるメリットもあります。

これは一見すると関係ないことのようにも思えますが、実は精力や勃起力に関しても、実は呼吸のやり方を変えるだけで変化を与えることができるのです。

なので、今回は、精力増強のための呼吸法のやり方やその効果について解説していきたいと思います。

・精力アップによくない呼吸とは!?

精力がアップする呼吸法の前に、悪い呼吸法から解説していきます。

そもそも精力増強のためには、自律神経の交感神経と副交感神経の2つのうち副交感神経を優位にすることが大前提になります。

普段何もしていない時は、基本的に呼吸は浅くなり、その結果交感神経が優位に働いてしまいます。

そして、その呼吸法が悪くなってしまう原因として挙げられるのが
『姿勢』『ストレス』です。

人はストレスを感じてしまうと、肩に力が入り猫背になります。

そのような姿勢になってしまうと、どうしても呼吸は浅くなります。
そして、呼吸が浅くなることで血流や身体機能が悪化して、緊張状態が続いてしまうのです。

この悪い呼吸を改善するためには、まずはリラックスできる環境を作るということが大事になります。

その上で、猫背の姿勢ではなくまっすぐに背中を伸ばすように心掛けることが大事になるのです。

・精力アップには腹式呼吸

先ほども解説したように浅い呼吸である胸式呼吸では精力アップは期待できません。
それとは逆に腹式呼吸で深くゆっくりと息をすることで自律神経が整い副交感神経が優位になることから精力アップにも効果が期待できます。

それを繰り返すことで、血管が拡張され、血管にコレステロールがつくのを予防する物質が作られるようになります。

血管の拡張は血流を良くし、さらにはリラックス効果やデトックス効果も生むとされています。

このように副交感神経が優位になることで、血流改善やリラックス効果が得られ、結果的に精力増強に繋がるという訳なんですね。

・正しい腹式呼吸の方法

腹式呼吸をするにあたっては、必ず正しい姿勢で行うことが大切になります。

正しい姿勢は、肩の力が抜けており、背筋が伸びている状態を指します。

イスに座って行う場合は、頭頂部から引っ張られている感覚で猫背にならないように背筋をまっすぐに伸ばすようにしましょう。

また、自然に良い姿勢になるには仰向けもおススメです。

この状態では、鼻でゆっくりと息を吸って、口でゆっくりと吐くようにします。
この時に息を吐く時間の方を長くするように意識しましょう。

腹式呼吸をする際のコツは、丹田(タンデン)を意識することが大事になります。

丹田とはへその約5センチ程度下にある部分になり、この部分を中心に大きく呼吸をすることで自然に良い腹式呼吸をすることができるようになります。

丹田に息をためて、丹田を押すことで息を吐く感覚が大事になるという訳ですね。

これをリラックスしている時間に10回程度行うといいでしょう。

・まとめ

今回は、腹式呼吸で精力がアップする方法について解説してきましたが、いかがだったでしょうか!?

呼吸は普段何気なく行っている動作の1つに過ぎませんが、そこに少しだけ意識を向けることで精力アップにも効果があるのです。

1日やそこら実行しただけでは効果を感じることは難しいでしょうが、隙間時間で少しでもいいので腹式呼吸を意識し、それを継続することが大事になります。

なので、今日からでも構わないので、隙間時間にぜひ腹式呼吸を試してみてはいかがでしょうか!?

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です