精力減退しがちな30代男性が陥りやすいEDの原因とは一体!?

30代は20代と同様にストレス性のEDで悩んでいる人が多いとされています。

ただ、30代と20代の違いは、20代の人に比べ30代の方が機能的なEDが多いということです。

また、機能的なEDの他にも30代になり生活習慣病からくるEDにも気を付ける必要性が高くなる年齢でもあります。

そんな30代のEDの原因とされる機能的EDとストレスについて今回は解説していきたいと思います。

・30代男性にありがちなプレッシャーとは!?

30代ともなると、結婚して子作りに励む人が多い時期でもあります。

20代の頃は恋愛をして、20代後半から30代にかけて結婚して、まさに子作りを考える時期だと言えます

特に女性の場合は少しでも早い時期に子どもを産みたいという気持ちもあります。
女性にとって歳をとってからの出産は大変ですから、なるべく若いうちに出産を望むのも当然のことだと言えますね。

がしかし、その子作りが30歳男性をプレッシャーからEDにしてしまう恐れがあります。

男性はプレッシャーやストレスからEDになる人が数多くいます。

その中でも子作りのプレッシャーによるEDは非常に多く、排卵日にセックスを迫りすぎることでそれがプレッシャーとなり、排卵日EDなるものになってしまうケースもあります。

過度なプレッシャーを与えてしまうことで、セックスが愛を育むためのものではなく、子作りのための行為になってしまい、更にEDを深刻化させてしまう要因になる恐れがあります。

だからこそ、排卵日に限定したセックスだけではなく、普段からセックスをすることで、排卵日を意識させない工夫も大事になってきます。

そうすることで、男性も過度なプレッシャーを感じることなくセックスを純粋に楽しみながら子作りを行うことができるはずですからね。

・30代男性を襲う生活習慣病とは!?

30代になると、20代のころに比べ、どうしても機能的な面からEDになる人が増えてきます。

20代のころと比べると、どうしも体の衰えを感じてしまう時期でもあります。

その代表的な例の一つが‘血管’だと言われています。

30代になり、血管が傷つき血管の柔軟性が失われてしまうことで、どんどん血管が硬く狭くなってしまうのです。
そうなってしまうと、高脂血症や糖尿病になってしまい、そうなってくると今度は陰茎への血流も悪くなる恐れがあります。

陰茎への血流量が減ると、それだけ勃起力が低下する可能性が非常に高くなります。

血流が悪くなることで、EDになってしまった場合は、血流の改善を図ることでEDが改善することもあります。
そのためには、血流の流れに働きかける有効成分であるアルギニンシトルリンを多く含んでいる精力剤を活用することをおススメします。

特に気を付けたいのが、有効成分がしっかりと含まれている精力剤を選ぶことが大事になってきます。

・血流以外の問題も…

30代以降になると血流以外にも精子の生成力や男性ホルモンの分泌量が低下する傾向にあります。
これらもEDになる原因に繋がるとされています。

それらを防ぐためには精子の生成や男性ホルモンの分泌に大きく関わっているとされるセックスミネラルつまり亜鉛を摂取することが大事になってきます。

亜鉛には豊富な栄養素がふんだんに含まれていることから、それらに効果のある成分を効率的に摂取することが出来るとされています。

なので、精力剤を選ぶ時はこの亜鉛にも注目した上で購入を検討した方がいいのです。

・まとめ

今回は、30代男性が陥りやすいEDの原因について解説してきましたが、いかがでしたか?

30代は20代のころからすると衰えを感じる時期になり、早い人だと生活習慣病になってしまう時期でもあります。

だからこそ、早期予防といった意味でもこの時期から精力剤を活用し、男性としての元気を維持していくことを検討しても良いかもしれませんね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です