‘腹八分’が実は精力増強や長寿に効果的だった!

みなさんはご飯を食べる時、満腹になるまで食べますか!?

それとも…

「今日はこのくらいに制限しとことうかな」

と、自分で食べる量をコントロールしていますか?

大抵の人がご飯を食べる時、自分で量やカロリーをコントロールすることなく満腹まで食べている方が多いかと思います。

満腹まで食べることは決して悪いことではないのですが、実は自分で食べる量を‘腹八分’にコントロールするだけで精力増強や長寿に効果があるとされています。

では、なぜ腹八分が精力増強や長寿に関係してるのかを以下に解説していきたいと思います。

・食べることは‘寿命’や‘精力’をすり減らしている!?

まず、人がご飯を食べると、体内で食べたものをエネルギーに変えます。

それをエネルギーに変える過程で活性酸素が発生しているのです。

体内で放出された活性酸素は体の中の細胞に対する酸化ストレスとなり、人体にさまざまな影響を及ぼしています。

つまり、食事を食べ過ぎてしまい、カロリーを摂取しすぎると、大量の活性酸素を発生させ、体に大きな酸化ストレスを与えてしまうのです。

・では、酸化ストレスが及ぼす影響とは!?

酸化ストレスは、当然のことながら‘睾丸’にも提供を及ぼします。

睾丸に提供を及ぼすということは、テストステロン(男性ホルモン)分泌の減少にも繋がります。

酸化ストレスが体に及ぼす最もたるものが老化になるため、歳を取るにつれてテストステロンが減少してしまうのも納得ですね。

つまり、食べ過ぎてしまうということは、男性機能の衰えや老化を加速させてしまうことに等しいと言えるのです。

反対に、カロリー制限をすれば酸化ストレスを減らす効果が期待でき、寿命を延ばすことやアンチエイジング効果、生殖機能の回復をもたらすかもしれないのです。

・腹八分がアンチエイジングや精力増強に効果がある理由とは!?

ある研究によると、豊富なエサを与えられた生物は早く寿命がつき、カロリー制限によって寿命が伸びるという報告があります。

また、男性機能においてもカロリー制限をすることによってさまざまな動物の生殖機能が増強することが確かめられているのです。

野生の動物が繁殖に入る時も、ほとんど食物を食べずに絶食状態になる例が多いとされています。

空腹は精力増強させる強壮剤
とも言えるのです。

それを証明するかのように、人間においても体重が増えるごとに生殖機能が落ちることや、肥満の人はそうでない人に比べて精液が薄いということも研究で発表されているのです。

・まとめ

今回は、腹八分が精力増強や寿命に効果的であるということについて解説してまいりましたがいかがでしたか!?

確かに、腹八分にしてカロリーを抑えることで、活性酸素の量を減らしアンチエイジング効果や生殖機能の回復をもたらす可能性が高まるみたいですね。

たまには

「今日はこれくらいにしておこうかな」

と思う感覚を大切にすることで、長生きの秘訣になるかもしれませんね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です