驚きの真実!ペニスの大きさは遺伝で決まっている!?

男性なら誰しも一度は自分のペニスの多きさで悩んだことがあるのではないでしょうか!?

大きい人ならまだ良いかもしれませんが、逆にペニスが小さいことで悩む人って案外多いんです。

その中でも

「どうせペニスの大きさは遺伝である程度決まっているから仕方ないか…」

と諦めている人も多いのではないでしょうか?

果たしてペニスの大きさは本当に遺伝で決まっているのでしょうか?

今回はペニスの大きさと遺伝の関係について解説していきたいと思います。

・ペニスの大きさは遺伝で決まっているのか!?

結論から言えば、ペニスの大きさは少なからず遺伝が関係していると言われています

親のペニスが大きければ、自分のペニスも大きくなるように、親のペニスが小さければ自分のペニスも小さくなるようですね。

これはペニスに限った話ではなく、身長や髪の癖などと同様で、ペニスの形や大きさもある程度似たような形状になるのです。

ただ、親子同士や親せきどうして男性器の話ってしないですから…
確かめるすべはあまり無いと言わざるをえないですね。

・遺伝だかと言って諦めるにはまだ早い!

「遺伝なら小さいままで諦めるしかないのか…」
と落ち込んでしまう気持ちも分かりますが、落ち込むにはまだ早いです。

ある程度の形状や大きさは遺伝するとは言っても、そこからペニスの海綿体細胞を増やすことでペニスの大きさ自体を遺伝とは別の部分で大きくすることは可能だと言われています。

分かりやすい例えで言うならば、腕の筋肉を付ければ腕は太くなります。

それと同じでペニスも鍛えれば(必要な成分を摂取する)太くなったり大きくなったりする可能性があります。

ただ、それにはきちんとした知識を持った上で栄養摂取を行わなければなりません。

これらに関係している成分は色々ありますが、その中でもアルギニン(L-アルギニン)は細胞の活性化や血行促進に大きな役割りを果たす重要なアミノ酸の一種とされ、ペニスの大きさにも密接な関係があるとされています。

アルギニンを体内に摂取することで、一酸化炭素の生成を促し、ペニスの大きさのみではなく、体の不調や病気などの原因になりやすいとされる活性酸素の除去もできるようになります。

また、アルギニンの摂取はペニスの大きさのみではなく、太さや勃起力、精液の量などに対しての関係性も強いことが分かっています。

なので、こういった成分を積極的に摂取するようにすれば、ペニスの大きさは遺伝によって決められた大きさだけではないと思うことができるのではないでしょうか!?

・まとめ

今回はペニスの大きさと遺伝について解説してきましたが、いかがでしたか?

ペニスの大きさは遺伝による影響が大きいようですね。

ただ、必要な成分を摂取することでペニスの大きさを大きくしたり、太くしたりすることは可能です。

だから、今はペニスが小さい男性陣でもまだ大きくなる可能性はあるので諦めるにはまだ早いですね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です