驚きの性事情!40代以上韓国人男性 は性機能障害の割合が約6割!

日本でも性機能障害で悩んでいる人は多くいます。

特に年齢を重ねれば重ねるほど、その割合は大きくなっていきます。

ですが、性事情で悩んでいるのは日本だけではありません。

お隣韓国でも、その性機能障害に関するニュースが以前発表されていたので、今回はそのニュースに関連したことを解説していきます。

・お隣韓国の性事情について!

韓国のソウル聯合ニュースによると、40代以上の韓国人男性の実に64%が、性機能に障害を持っていることが判明したそうです。

これは、ソウル峨山病院・家庭医学科の金英植(キム・ヨンシク)教授チームが
2010年8月~2011年5月にかけて、全国の病院15か所の家庭医学科を受診した40代以上の男性1313人(平均年齢57.1歳)を対象に調査した結果を発表したものになります。

その調査結果によると、調査した40代以上の男性の

44%は勃起不全
40%は早漏
19%は男性更年期障害

を抱えていたそうです。

・年齢が上がれば上がるほどに有病率が上昇している!

更に驚きだったのが、性機能障害を抱えている比率は年齢が上がるほどに上昇していたのです。

3つの障害の平均有病率は
40代が52%
50代が66%
60代が74%

となっており、10歳年齢を重ねるごとに約10%前後、有病率が上がっています。

ちなみに70代はすこし上り幅が下がり、79%だったそうです。

・勃起不全にはうつ病が大きく関係している!?

また、勃起不全にはうつ病が大きく関係していることも判明したのです。

その理由は、うつ病の有病率はうつ病でない人に比べて3.1倍も高くなっていたのです。

韓国の金英植教授は、肥満や高血圧、糖尿病などの生活習慣病が男性の性機能障害の原因になっているとし、中年男性は慢性疾患やストレスと上手に付き合っていくべきだと助言しています。
(参考文献:聯合ニュース)

・まとめ

今回は韓国の性事情に関するニュースを解説してきましたが、いかがでしたか?

性に悩んでいるのは日本だけではなく、お隣韓国でも同じような悩みがあるのですね。

性に関する問題は、世界共通なのかもしれません。

金英植教授の助言通り、中年男性は慢性疾患やストレスと上手に付き合っていく必要があるのかもしれませんね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です