還暦だからって諦めることはない!60代の勃起力低下を阻止する方法とは?

60歳は還暦の年です。

人生の中でも節目の年になる60歳。

そんな60歳を迎え、仕事を退職しいわゆる隠居生活になると、若い頃とは違い性欲も減退していきます。

性欲が減退するということは、すなわち勃起力の低下にも繋がります。

特に加齢に伴い低下するのが、下半身の筋力と男性ホルモンの分泌量だと言われています。

この2つは勃起する上で非常に大切になる要素なだけに低下してしまう分だけEDになる可能性が高くなってしまいます。

そこで、今回は60歳を過ぎても勃起力を維持するための秘訣をご紹介していきたいと思います。

・還暦を過ぎても勃起力を維持する方法その①:下半身の筋トレ

冒頭でも書いたように60歳を過ぎると下半身の筋力低下が進みEDに陥ってしまいやすくなります。

それを予防するためには、単純ではありますが下半身の筋トレが必要になってくるのです。

下半身の筋肉トレーニング方法は色々あるのですが、鍛えるのであれば下半身に負荷をかけるようなトレーニングを重点的に行う必要があります。

下半身の筋力低下は、身体を積極的に動かすことが一番効果的なので、スクワットなどの筋力トレーニングを行うことをおススメします

・還暦を過ぎても勃起力を維持する方法その②:男性ホルモンの分泌を促す

これに関しても冒頭で触れましたが、年齢の増加と共に下半身の筋力と合わせて低下するのが男性ホルモンの分泌量です。

男性ホルモンすなわちテストステロンの分泌量を増やすには、それを促す作用のある成分を摂取する必要があります。

もちろん効果のある食べ物でも構いませんし、手っ取り早くサプリメントを飲むのも効果的でしょう。

ちなみに、テストステロンの増加を促進する食べ物として有名なのがニンニクたまねぎなどがありますので、これらを意識的に摂取してみても良いかもしれませんね。

・まとめ

今回は、還暦を過ぎても勃起力を維持するための方法を解説してきましたが、いかがでしたか?

簡潔にまとめると

・下半身を鍛えるトレーニングをする(スクワットなど)
・男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促す効果のある成分を摂取する
(たまねぎやニンニクまたはサプリメントなど)

となります。

要は適度な下半身の運動と、男性ホルモンに効果的な成分を摂取すればいいのです。

特に下半身の運動であれば、最初からスクワットをすると運動不足の方であれば、3日坊主になりかねません。

なので、最初は簡単に始めることができるウォーキングから始めてみるのも良いかもしれませんね。

下半身にあまり負荷はかかりませんが、ウォーキングで身体をならしてから徐々にスクワットなどの負荷のかかるトレーニングを始めてみるのも3日坊主にならないための秘訣です。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です