EDと副交感神経の関係とは!?~元気な男性機能を保つために~

EDすなわち勃起不全症と副交感神経には密接な関係があることをみなさんはご存じだったでしょうか!?

まず男性は性的な刺激を受けるとその刺激は副交感神経によって勃起中枢へ伝達されるのです。

そして、勃起中枢が性的刺激を感受すると血管内皮から一酸化窒素(NO)を分泌し血管の拡張をするのです。

血管拡張によって血液が陰茎に大量に流れ込み勃起という現象が起こるのです。

つまり、勃起することと副交感神経は密接に関わっているのです。

今回は勃起に密接に関わっている副交感神経とEDについて解説していきたいと思います。

・副交感神経の働きとは!?

冒頭でも記述したように、副交感神経の働きは以下の通りになります。

性的な刺激を受ける

刺激が副交感神経によって中枢神経へ伝達

勃起中枢が性的刺激を感受

血管内皮から一酸化窒素(NO)が分泌され、血管を拡張

血管拡張によって血液が陰茎に大量に流れ込む

勃起となる

ここで、副交感神経が勃起に至るまでのプロセスのうち
‘性的な刺激を受けると、その刺激が副交感神経によって中枢神経へ伝達’
するという役割があるのです。

・副交感神経の働きが弱まるとEDになるのか!?

副交感神経とは交感神経と対の関係になっているのはみなさんご存じだったでしょうか?

この副交感神経と交感神経は総称して‘自律神経’と呼ばれています。

交感神経と副交感神経の働きを簡潔に説明すると以下通りになります。

交感神経…活動・緊張・ストレスの働き
副交感神経…休息・疲労回復・リラックスの働き

この2つの神経は対の働きをしていることから、どちらかが優位になれば、もちろん一方は劣勢になるとされています。

つまり、過度なストレスを受けると交感神経の働きが優位となり副交感神経の働きは減殺されます。

副交感神経の働きが抑え込まれると、副交感神経によって伝達されるはずの性的な刺激が勃起中枢へ伝わりにくくなり、EDを引き起こす原因となるわけです。

・すぐに始められる副交感神経の働きを活性化する習慣とは!?

ストレスを軽減させ、心の平静を保つ働きのあるセロトニンという成分をみなさんはご存じだったでしょうか!?

簡潔に説明するとセロトニン分泌を増やすことで交感神経の働きを抑制して副交感神経の働きを活性化することができるのです。

つまり、セロトニンの分泌を増やすことができれば交感神経の働きを抑制し、尚且つ副交感神経の働きを促進することができるのです。

・セロトニンを多く含んだトリプトファンとは!?

セロトニンの分泌を増やすには、トリプトファンを多く含んでいる食品を摂取する必要があります。

その理由というのが、トリプトファンという成分はセロトニンを生成する働きを持っているからなのです。

トリプトファンを多く含んでいる食品は以下になります。

大豆製品…納豆・醤油・味噌・豆腐
乳製品…ヨーグルト・チーズ・牛乳

などが代表的な食品になります。

また、これに合わせて軽い運動(ウォーキングやスクワット)などのリズミカルな運動をすることでセロトニンを活性化することに繋がります。

・まとめ

今回は、副交感神経について解説してきましたがいかがだったでしょうか!?

副交感神経と交換神経の働きを正常に保つだけでもEDになる確率を下げてくれます。

逆を言うと自律神経の乱れはEDに繋がる恐れがあるため、適度な運動や今回紹介した食品を摂取したり、ストレスをため込まないようにしていきたいですね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です