EDと腸内環境の意外すぎる関係性とは!?

みなさんはED(勃起不全症)が実は腸内環境と密接な関係にあったことをご存じだったでしょうか!?

EDって勃起不全症なのに「なんで腸内が関係しているんだ?」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか!?

今回は一見関係のなさそうで、実はものすごく関係しているEDと腸内環境について解説していきたいと思います。

・自立神経の乱れからEDになることがある!

実はEDの原因の1つとされているものに自律神経の乱れがあります。

自立神経とは、アクセルとブレーキ、活動と休息の相反する働きを持つとされている神経のことを総称したものをさします。

そのアクセルすなわち活動の神経を交感神経と呼び、ブレーキすなわち休息の神経を副交感神経と呼んでいるのです。

基本的にアクセルとブレーキの神経はお互いにバランスをと取りながら働いているのですが、時にこのバランスが崩れてしまうことがあるのです。

つまり、このバランスの乱れがEDの原因の1つというわけです。

・副交感神経の不調でEDになる場合

男性が興奮をすると、その刺激はブレーキ(副交感神経)によって勃起中枢へと伝えられ、陰茎の勃起という現象に繋がります。

がしかし、日々のストレスなどが原因となり自立神経の乱れが生じるとアクセル(交感神経)の神経が入りっぱなしとなり、ブレーキ(副交感神経)の神経が働きにくくなることがあるのです。

このブレーキ(副交感神経)の不調が、性的な興奮を勃起中枢に伝えるのを妨げEDを引き起こす原因となるのです。

・良好な腸内環境では自立神経の乱れを整えEDの改善へと繋がる!

ここからが今回の記事の醍醐味になるのですが、実は腸とは第2の脳とも呼ばれる程自律神経が多く集中していることをみなさんはご存じだったでしょうか!?

腸内環境が良好な時、それは脳にも伝達され自立神経のバランスも良好になるのです。

少し具体的に言うと、腸内環境が良好な状態とは、善玉腸内細菌が活性化された状態のことをさします。

そして、善玉腸内細菌が活性化するためには、善玉腸内細菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を多く含む食品を摂取する必要があります。

特に、乳酸菌やビフィズス菌を含む発酵食品の摂取をすることで、善玉腸内細菌の活性化に繋がるのです。

つまり、善玉腸内細菌を活性化させることで腸内環境を改善させ、良好な腸内環境にすることで自立神経の乱れも改善され、EDの予防にも繋がるということなのです。

・まとめ

今回はEDと腸内環境について解説してきましたがいかがだったでしょうか?

一見関係なさそうなEDと腸内環境ですが、こんなにも密接に関係していたことに私自身も驚きでした。

なので、腸内環境を正常に良好に保つことでEDの改善に繋がるとわかれば、今日から少しづつでも乳製品やビフィズス菌を摂取し、健康な体作りをしていきたいものですね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です