EDに効果のある成分‘イソロイシン’とは?徹底解説

あまり聞きなれない言葉の
イソロイシン’。
イソロイシンとは、体内で合成することができない必須アミノ酸の一種になります。

ロイシン、パリンと共にBCAA(分岐鎖アミノ酸)に分類されます。

筋肉を構成するタンパク質の主成分はBCAAと呼ばれるアミノ酸で、その中の一つのイソロイシンは筋肉の強化や肝臓機能の向上効果のほかにも、血管の拡張や体の成長を促進する働きがあり、幅広く活躍しているアミノ酸になります。

言葉で説明すると難しいので、今回はEDに効果のある成分としてイソロイシンがどのような食材に含まれており、効果はどのようなものがあるのかを解説していきたいと思います。

・イソロイシンが含まれている食材とは?

イソロイシンが含まれている食材は、鶏肉や牛乳、チーズなどになります。

鶏肉以外では豚肉にも割と多くイソロイシンが含まれてはいるのですが、鶏肉の方が確実に多くのイソロイシンを摂取できるとされています。

また、魚類では、シャケなどにも含まれており、すじこの中にもイソロイシンの含有量は非常に多いとされているのです。

また、カツオやブリ、はまちなどにもこのイソロイシンが割と多く含まれており、全体的に魚から多くのイソロイシンが摂取できるとされています。

・では、イソロイシンの効果、効能とは一体!?

では、イソロイシンにはどのような効果・効能があるのでしょうか?

イソロイシンの効果・効能は以下の通りになります。
・成長ホルモンの分泌
・筋肉の回復や修復
・疲労回復
・神経機能や肝機能を高める効果

などになります。

イソロイシンはBCAAの1つとされ、その中でもイソロイシンとバリンは持久力を高めて、長いセックスをすることができるようになります。

そして、イソロイシンの効果・効能の中でも基本的な効能はやはり疲労回復になります。

セックスやスポーツはたまた趣味を楽しみたい場合には大きな役割を果たすことは間違いありません。

また、イソロイシンはタンパク質を燃焼させ、エネルギーに変える働きがあることから、体力やスタミナを増殖させる効果も期待できます。

疲労回復は、肉体的な面のみではなく、脳や神経の疲労回復をする働きもあることで更に注目を集めている成分になるのです。

「セックスをするぞ」という気持ちにも繋がりやすく「やる気」を起こすことのできる物質でもあるのがこのイソロイシンになります。

・イソロイシンの副作用とは!?

イソロイシンの副作用を心配する必要はあまりないとされています。

分鎖アミノ酸であるBCAAは通常の食事で十分に摂取することができる栄養素になりますので、これらのバランスが崩れて、1つだけ過剰に摂取したり、不足したりすると不具合が生じてしまうとされてはいます。

稀な副作用としては、高グルタミン血症という症状やケント血症という症状に陥ることもあるそうです。

・まとめ

今回はEDに効果のある成分としてイソロイシンについて解説してきましたが、いかがでしたか?

普段、何気なく食べている食材にこのようなものが含まれているなんて知りもしなかったですね。

イソロイシンは魚類に多く含まれているそうなので、意識的に摂取してみても良いかもしれませんね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です