EDに効果のある成分‘トレオニン’とは?徹底解説

トレオニンは体内で合成することができない必須アミノ酸の一種になります。

別名:スレオニンと呼ばれ英語でthreonineと表記するため、読み方の違いで「スレオニン」「トレオニン」の2通りが存在しているのです。

トレオニンは人間や動物の成長に関わる成分になり、自然界で存在する500種類以上のアミノ酸の中で、人間のタンパク質を構成する20種類のうちの1つとされています。

このトレオニンが実はEDにも効果があるとされているのです。

なので、今回はトレオニンにどのような効果・効能があるのかについて解説していきたいと思います。

・トレオニンが含まれている食材とは!?

トレオニンは冒頭でも少し触れましたが、体内で生成することができない必須アミノ酸になります。

つまり、体内で生成することができない分、食材などから摂取する形になります。

では、どのような食材にこのトレオニンは多く含まれているのでしょうか?

トレオニンが多く含まれているとされる代表的な食材は

・大豆
・脱脂粉乳

などがあります。

それ以外だと高野豆腐、湯葉、鶏肉、七面鳥などにも比較的多くのトレオニンが含まれています。

・トレオニンの効果、効能とは!?

では、トレオニンの効果・効能にはどのようなものがあるのでしょうか?

トレオニンの効果・効能は以下のようになっています。

・成長促進効果
・美肌効果
・胃炎を解消する効果
・肝臓に脂肪を抑制する
・髪の潤いを保つ効果

などが挙げられます。

これらの効果からも分かるようにトレオニンは成長を促進するアミノ酸だということです。

これは実際にマウスを使った実験でも証明されており、現在では鳥や豚の飼料にもトレオニンを加え、成長を助けることが一般的になっている程なのです。

それは、動物も人間も同じで、人間にとってもこのトレオニンは成長する為には必要不可欠な成分になります。

また、トレオニンには肝臓の周りに脂肪が蓄積するのを防ぐ効果もあります。

年齢と共に、脂肪肝のリスクは当然のことながら高くなります。

しかし、このトレオニンを摂取することで脂肪肝のリスクを下げ、尚且つ肝機能向上にも繋がるとされているのです。

肝機能が向上すれば精力のアップにも繋がりますので、男性陣にとっては一石二鳥ですね。

・トレオニンの過剰摂取は要注意!?

トレオニンは先ほども解説したように、成長を促進する効果だったり肝機能にとって非常に有効な働きがあります。

しかし、過剰摂取してしまうと胃腸障害や頭痛が見られることもあります。

ですが、過剰摂取になること自体稀なケースで、多くはトレオニン欠乏症と呼ばれる症状になりがちです。

トレオニン欠乏症の特徴は、食欲不振や貧血といった症状になります。

1日の摂取量の目安としては、体重1㎏あたり15㎎なので、成人男性の60㎏の方であれば900㎎の摂取が必要になってくるのです。

・まとめ

今回はトレオニンという成分について解説してきましたがいかがでしたか?

トレオニン自体に強い精力向上の効果はあまりありませんが、この成分が持つ働きが精力を強めるためには必要であることは間違いありませんね。

なので、精力増強作用を持つ成分と一緒に摂取することで効果を感じることができるのが、トレオニンになるのです。

人間が身体的に成長する上で必要な成分になってくるので、必要量は毎日摂取していきたいですね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です