EDに効果のある成分‘ヒスチジン’とは?徹底解説

みなさんはヒスチジンという成分を聞いたことがあるでしょうか?

ヒスチジンとは、大人は体内で合成できるのですが子どもの場合は合成できないため、子どもにとっては必須アミノ酸になります。

また、ヒスチジンは体内で成長に関与し、神経機能補助を行うとされています。

慢性関節炎の症状緩和、ストレスの軽減などの効果もあるのです。

そんな、ヒスチジンがEDにどのような効果・効能をもたらしてくれるのでしょうか?

・ヒスチジンが含まれている食材とは!?

ヒスチジンは冒頭でも少し触れたように大人は体内で生成することができる成分ですが、子どもはできない為、子どもにとっては非必須アミノ酸になります。

では、どのような食材を食べればこのヒスチジンを体内に摂取することができるのでしょうか?

ヒスチジンが含まれている食材は以下のようなものになります。
・かつお
・まぐろ
・さんま
・さば

などです。

魚介系が多いのですが、その他になると子牛肉鶏肉にもヒスチジンは含まれています。

また、ハムチーズにも含まれているので、魚が苦手な方はこれらの食材から摂取してみてもいいかもしれませんね。

魚が苦手な子どもあって案外多いですからね。

・ヒスチジンの効果、効能とは!?

では、ヒスチジンの効果・効能とはどのようなものなのか?

ヒスチジンの効果・効能は以下のようになっています。
・成長を促進する効果
・しみ、そばかす、皮膚がんなどの予防効果
・ストレスの緩和
・性的エネルギーの向上
・慢性関節炎の解消

などが挙げられます。

ヒスチジンは成長を促進するアミノ酸になります。

以前解説したトレオニンなども成長を促進する必須アミノさんになるのですが、トレオニンとヒスチジンの大きな違いは、大人は体で合成することができるが、子どもは体内で合成することができないという点です。

また、ヒスチジンがEDの予防効果としてどのような効果を発揮してくれるのかというと
それはヒスチジンの性的エネルギーの向上作用が大きく関係しているのです。

まず、ヒスチジンの成長促進効果で男性ホルモンが分泌されることに加えて、体内でヒスチジンがヒスタミンに変換することで交感神経を刺激するので性的感覚が研ぎ澄まされていくとされています。

更には、血管拡張作用があるのでこの効果によってスムーズな勃起への手助けをしてくれるのです。

また、ヒスチジンには鎮痛効果もあります。

この効果によって、ヒスチジンが体内でヒスタミンに変換されることにより、交感神経が刺激されることで血管拡張作用があり、慢性関節痛や片頭痛の改善にも効果があるとされています。

しみやそばかす、皮膚がんなどの病気からも身を守ってくれる効果もあるとされています。

・まとめ

今回はヒスチジンという成分について解説してきましたが、いかがでしたか?

ヒスチジンはEDの予防効果もさることながらその他の効果・効能も素晴らしいものばかりでしたね。

特に、ヒスチジンは成長促進には欠かせない成分になるので特に子どもにはしっかりと摂取させたい成分ですね。

ヒスチジンが不足することで、成長不良になったり神経機能の低下につながる恐れもあるそうなので、そこには注意していきたい
ですね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です