EDに効果のある成分‘ヒハツ’とは?徹底解説

みなさんはヒハツとう植物の名を聞いたことはあるでしょうか?

「ヒハツ」と言われても植物だと分かる人ってそうそういないのではないでしょうか?

このヒハツは、コショウ科ツル性気質の植物になり、紀元前には既に地球上に存在していたそうです。

ギリシャ・ローマ時代から既に人々に使用されており非常に歴史の長い植物になります。

そんな、ヒハツがEDに効果のある成分としてどのような効果・効能があるのかについて解説していきたいと思います。

・そもそもヒハツとは何なのか?

冒頭でも少し触れましたが、ヒハツはコショウ科ツル性気質の植物になります。

インドネシアやマレーシアなどの東南アジアを始めインドやスリランカなどの南アジア、中国などで自生する常緑樹になります。

通常は赤い実をつけるとされていますが、まだ青いうちに収穫した実は胡椒に似たスパイシーな風味を持っていることから香辛料として使用されています。

ヒハツは別名:ロングペッパーとも呼ばれ長い間人々に愛されてきました。

そんな、ヒハツが日本に入ってきたのは唐の時代になるとされ、中国から伝来されたものだと言われています。

沖縄ではヒハツに似た、島胡椒やヒバーチというものもあり、同じような効能を持つことで人気のある香辛料として使われています。

・ヒハツの効果、効能とは!?

では、ヒハツにはどのような効果・効能があるのでしょうか?

ヒハツの効果、効能は以下の通りになっています。
・ED改善効果
・血管拡張作用、促進効果
・冷え性の改善
・抜け毛、薄毛の改善
・肩こりや腰痛のなどの改善

などになります。

効果・効能を見てもらえれば分かると思いますが、ヒハツは男性の悩みに特化した成分を多く含んでいるのです。

特に勃起不全の改善や男性機能の改善に合わせて薄毛の改善にも効果があるとされています。

勃起不全やEDの改善にどのようにアプローチしているのかと言うと、多くの精力剤と同じように

・血流を良くする
・血行促進効果

があり、勃起不全やED解消には欠かせない基本的な作用によって改善の手助けをしてくるのです。

その他の興味深い効果としては、抜け毛・薄毛の解消がありました。

基本的に毛髪は毛細血管から生えているため、毛細血管が衰えてしまうと薄毛の原因になってしまいます。

ヒハツはその頭皮の毛細血管の血流を促進することによって、抜け毛や育毛に効果があるようです。

頭部も下半身も元気にしてくれるなんてまさに男性の味方ですね。

・まとめ

今回はヒハツの効果・効能について解説してきましたが、いかがでしたか?

勃起不全からEDの解消または薄毛にも効果が期待できるなんて、男性にとっては大変心強い味方ですね。

こんな素晴らしい効果があるからこそ、古来より人々に愛されてきた由縁なのかもしれませんね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です