EDに効果のある成分‘フェヌグリーク’とは?徹底解説

フェヌグリークは、マメ科の一年草植物になります。

特徴としては、枝分かれしながら約30㎝~60㎝程度にまで成長し、6月~8月にかけて黄色か白の花を咲かせます。

そして最終的には細長い果実を実らせるのがこのフェヌグリークになります。

地中海地方原産で、古くから中近東、アフリカ、インドで栽培されており、日本へは江戸時代に伝来したと言われています。

このフェヌグリークは香辛料の一種で、色は濃い目のベージュ。

形はいびつな四角形で、生のまま噛むと、粘液質で、後から苦みがくるのです。

そんなフェヌグリークがEDに効果の成分として、どのような効果・効能があるのでしょうか?

・フェヌグリークの効果、効能とは!?

フェヌグリークの効果・効能は以下のようになっています。
・男性機能の再生
・コレステロールや脂肪の抑制
・腎臓障害の改善
・口腔の症状改善
・糖尿病の回復
・胃腸機能の向上
・消化器系の回復

などが挙げられます。

フェヌグリークにはこのように男性機能の再生から内臓関係にも大変効果的な成分になっています。

フェヌグリークが男性機能に効果があるとされている理由は、フェヌグリークに含まれている成分に関係があります。

フェヌグリークにはジオスゲニンと呼ばれているサポニン配糖分体が含まれています。

昔から、怪我や気管支炎、消化器系の疾患、腎臓障害、男性機能の回復によく使われており、最近では糖尿病や便秘にも期待できるのではないかと言われています。

このように、フェヌグリークはホルモンのバランスを整え、ホルモンの合成をサポートし、男性機能を回復・再生させ
てくれる成分であるサポニンが多く含まれていることから精力アップにも効果があ
るとされているのです。

・フェヌグリークの副作用について!

フェヌグリークは男性器機能や内臓に大変効果のある成分を含んでいる植物になりますが、過度に摂取しすぎることで、胃粘膜に炎症が起こるデメリットもあります。

その他の報告として、過剰摂取は鉄分の吸収を悪くすると言った報告もある為、過剰摂取は控えた方が得策かもしれませんね。

・まとめ

今回はフェヌグリークに含まれている成分について解説してきましたが、いかがだったでしょうか!?

男性器機能にはもちろんのこと、内臓系にも大変効果がある植物であることは分かりましね。

しかし、過剰摂取してしまうと胃粘膜の炎症を引き起こしたりとデメリットもあるため、過剰摂取は控え、適度な摂取をすることをおススメします。

何事も、適度な距離感が一番ですからね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です