EDに効果のある成分‘ロイシン’とは?徹底解説

ロイシンとは、必須アミノ酸の一つとされ、食事から栄養分として摂取しなければならない成分です。

以前当ブログでも解説したバリンやイソロイシンとともに、筋肉でのエネルギー源となる BCAA (分岐鎖アミノ酸)に分類されている成分になります。

主な効果としては、肝臓の機能を高めて、筋肉をつくり出したり、傷ついた筋肉を修復する働きを持つとされています。

なので、今回はこのロイシンがEDに効果のある成分としてどのような効果・効能があるのかについて解説していきたいと思います。

・ロイシンが多く含まれている食材とは!?

では、このロイシンという成分はどのような食材に多く含まれているのでしょうか!?

ロイシンを多く含む食材として有名なのが、大豆高野豆腐になります。

その他になると、干ししらすきな粉なども有名です。

また、食べ物ではないのですが、乳の中のタンパク質に多く含まれているカゼインにロイシンが非常に多く含まれているのです。

カゼインはカルシウムやナトリウムと結合しやすい成分で、食品化化合物の分野では広く活用されている成分になり、脱脂粉乳やチーズなどの乳製品に多く含まれているようですね。

・ロイシンの効果、効能とは?

では、ロイシンには一体どのような効果・効能があるのでしょうか?

ロイシンの効果・効能は以下のようになっています。
・成長を促進する効果
・筋肉を修復する効果
・持久力を向上させる効果
・育毛効果
・瞬発力を高める効果

などが挙げられます。

冒頭でも少し触れましたが、このロイシンという成分はイソロイシンやバリンと同じくBCAAに分類されている分岐鎖アミノ酸になります。

なので、イソロイシンやバリンと同じく筋肉を強化・修復したりする作用があるのです。

また、インスリンの分泌を促す作用があることから、運動能力や瞬発力を高める効果も期待できるとされています。

それ以外にも、ロイシンにはエンドルフィンと同様の効果を持つことからストレスを緩和する効果もあるのです。

ストレスの緩和は心因性EDに効果が期待できますね。

更に言えば、肝機能を高め、強くする効果もあることから疲労感や倦怠感から身を守り、やる気を引き起こすことを可能にしてくれる成分になるのです。

筋肉の強化、ストレスの緩和、肝機能の改善からやる気を引き起こす作用は男性機能の性欲増強にも大きく関係してきます。

精力増強に内面と身体の両方からアプローチしてくれるのがロイシンになるのです

・まとめ

今回はロイシンという成分について解説してきましたが、いかがでしたか?

確かにロイシンを含め、イソロイシン、バリンのBCAAに分類される分岐鎖のアミノ酸は男性機能に効果的な成分になるようですね。

ただ気を付けてもらいたいのが、ロイシンも他のBCAAと同様に過剰摂取や欠乏症にならないように気を付けていきたいですね。

バランスのとれた食生活を心がけていれば心配する必要はあまりないようですので、バランスの取れた食生活を心がけていきたいものです。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です