EDに生活習慣病が深く関係しているって本当? ?

生活習慣病には、代表的なものに糖尿病・脂質異常症・高血圧症・うつ病・心筋梗塞・脳梗塞などが挙げられます。

どの病名も聞きなれた言葉でピンとくる人が多いのではないでしょうか?

もしくは、周りに生活習慣病の人がいて、よく知っているという人が多いのではないでしょうか?

今回は私のたちの身近にある生活習慣病とEDの関係について解説していきたいと思います。

・なぜ、生活習慣病になってしまうのか?

生活習慣病で最も怖いのが、脳梗塞や心筋梗塞です。

これらの病気は生命の危機すら及ぼしかねない大きな病気なのです。

しかも、これらの病気は生活習慣病に大きく関係しているのが特徴的です。

まず、生活習慣病と呼ばれている病気は体内の一酸化窒素(NO)が不足し、動脈が硬化することで発症します。

例えば、
体内の一酸化窒素が低下し
心臓の動脈が硬化することで『心筋梗塞』となり
脳の動脈が硬化することで『脳梗塞』となるのです。

・これにEDがどのように関係しているのか?

先ほども書いたように、心臓の動脈が硬化すると『心筋梗塞』となり、脳の動脈が硬化すると『脳梗塞』となるのですが、男性器の動脈が硬化することでEDにも繋がるとされています。

そして、驚くことにこれらの生活習慣病で最初に症状が現れるのが男性器のEDになるのです。

・なぜ、生活習慣病で最初に症状が出るのが男性器なのか?

その理由には大きな要因があるのです。

それが、動脈の太さにあります。以下にその理由をまとめてみました。

男性器の動脈は1mm~2mm程度。

それに対して
『急性心筋梗塞』を起こす動脈の太さは3mm~4mm程度
『脳梗塞』を引き起こす動脈の太さは5mm~7mm程度となっています。

これらの結果からも分かるように男性器の動脈は他の器官の動脈に比べると、小さく繊細なのです。

つまり、生活習慣病の症状が最初に出るのが男性器ということになるのです。

・まとめ

このように生活習慣病とEDは密接な関係状態にあるのです。

なので、脳梗塞や心筋梗塞を患っている人はEDに陥っている方が大多数いらっしゃいます。

すなわち、EDを予防するということは他の病気に対しての予防にも繋がるのでED予防は結果的に相乗効果が高いと言えます。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です