EDの夫に妻ができる大切な3つのこと!

ED(勃起不全症)はヒョンなことからなるケースも珍しくありません。

EDとは年齢に関係なく、日々のストレスや疲れから若い男性が陥るケースも多いのです。

そんな中、ある日突然パートナーがEDに陥ってしまった時、「私は女性だからEDが分からない」とパートナーに任せっぱなしではいけません。

パートナーとしてしっかりとEDと向き合うことも大切なことなのです。

今回はパートナーがEDになってしまった時‘妻ができる大切な3つのこと’と称して解説していきたいと思います。

・その1:夫のプライドを守ること!

まず、EDになってしまった夫に対して妻が心がけることはプライドを傷つけないようにすることです。

男性は、意外と繊細でプライドが高い生き物です。

口には出さなくても、男性は自身がEDだと分かった時点でかなりショックを受け、自信喪失しているケースが多いのです。
そんな時、妻にできることは何のか!?

ここで最も大切にすべきことは

「下手に口に出さないこと」。

下手に口に出さないというのは、責めることはもちろんNGなのですが、気を遣って慰めるのもNGなのです。

慰めた言葉がかえってプライドを傷つけてしまうこともありえます。

そこは、夫の性格にもよると思うので、夫の性格に合わせて対応を変え、夫のプライドを守ることを心がけましょう!

・その2:夜の雰囲気を変えてみよう!

その次にチャレンジしてもらいたいのが夜の雰囲気を変えてみるということ。

雰囲気を変えてみるというのは単にプレイ内容を変えてみるというだけではなく
遊び感覚にしてみるというのも1つの手であります。

男性というのは、昔からAVなどを観ているせいか非日常なプレイに憧れを抱いているケースが少なくありません。

玩具を使ってみたり、コスプレをしてみたりと男性は色々なシチュエーションに燃えるものです。

ですが、ここで気を付けてもらいたいのは夫がどんなプレイが好きなのか、事前にリサーチしておく必要があります。

好みや好きなプレイは色々です。なので、夫がどんなプレイが好きなのか、密かに隠し持っているAVやエロ本を盗み見て、探ってみるのも良いかもしれませんね。

・その3:別の病気を疑ってみる!

EDになると、大抵の人が病院を受診する前にネットを見て色々と調べ、生活習慣の改善などを行うものです(このようなサイトを見て…)。

ちなみに病院を受診した際に、ED治療薬を処方されるケースが多いのですが病院で処方される薬とはひらたく言うと血管を拡張して血流を良くする薬です。

つまり、EDとは身体的・心理的な問題があって血流が悪くなっている可能性が高いのです。

例えば
冷えからくる血流の悪さ」などがあります。

そのような場合、EDの専門外来とされる泌尿器を受診することも大切ですが、ED以外にも気になる身体的な不都合があるのであれば、EDの専門外来以外も受診してみるのも良いかもしれません。

・まとめ

今回は妻ができる3つの大切なことという題目で記述してきましたがいかがだったのでしょうか!?

実際にパートナーがEDになってしまった場合、当の本人にとって頼れる存在は妻もしくは恋人なのです。

一番身近にいる存在として、パートナーの異変にいち早く気付き、早期解決の糸口を見つけてあげたものですね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です