SEX頻度が高い中高年男性はEDになりにくい!

中高年になると、体力の低下や男性ホルモンの分泌低下に伴いSEXをする回数が減ってしまう人が多いようです。

しかし、SEXの頻度が割と高い男性はEDになりにくいとされています。

「なんでSEXの頻度が高いとEDになりにくいの?」

と思った方のために今回はSEXの頻度とEDの関係について解説していきたいと思います。

・フィンランドの研究チームによる報告

2008年、フィンランドの研究チームがSEXの頻度が高い人の方がSEXの頻度が低い人に比べると年をとってから性的不能になる可能性が低いという研究発表を欧米雑誌に発表しました。

大学病院泌尿器科の研究チームは下記の条件のもと、研究資料を集め、その結果を発表したのです。
【大学病院泌尿器科研究チームの研究内容】
・対象者は全て男性
・フィンランドのピルカンマーに在住
・55~57歳
・989人を調査
・調査に費やした期間は約5年

その研究結果を下記に解説していきます。

・研究結果は
フィンランドの研究チームの結果内容は下記の通りです。

SEXの頻度が週に1回未満の人は、週に1回の人に比べると、EDのリスクが約2倍になったそうです。

また、研究チームは年齢の他に糖尿病や心疾患、高血圧、うつなどの慢性疾患など別の要因の可能性を調査した結果、1000人あたりのED疾患数は

SEX頻度が週に1回未満では79人
週に1回では32人
週に3回以上の場合だと16人になることが分かったそうです。

この結果をうけて研究チームJuha Koskimaki氏は

「定期的な性交渉は中高年男性の性的不能予防に重要な役割がある。
治療者側は患者の性的活動を支援すると良い。」

と発表したのです。

・まとめ

今回はフィンランドの研究結果をもとに、SEX頻度とEDの関係について解説してきましたがいかがだったでしょうか!?

SEXの回数が多い方がEDになるリスクは低くなるようですね。

逆にSEXをしないことでEDになるリスクが高くなるとは…

なんとなく、理に適っているように感じました。

使わないものは自然と使えなくなる。

自動車も長いこと運転しないとエンジンが付かなくなってしまうように人間の体も使わないと機能しにくくなるようですね。

この調査結果をもとにするのでれば、SEXは定期的に行った方がEDになる可能性が低くなるので、可能な限りSEXは行っていきたいものですね。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です