Wi-Fi機器と精子の活動に関する恐ろしい関係性について

Wi-Fiは、近年のインターネット事情において目覚ましい発展を成し遂げていると言えます。

がしかし、この便利なWi-Fiが実は精子の活動性に対して悪影響を与えているといった研究発表が出されているのです。

なので、今回はWi-Fiと精子の活動性の関係について解説していきたいと思います。

・学術誌『FERTILITYANDSTERILITY(生殖と不妊)』の研究内容

今回紹介する内容は、アルゼンチンの研究チームが学術誌『FERTILITYANDSTERILITY(生殖と不妊)』に発表したものになります。

実験には29名の男性から精液が集められ、それをWi-Fiに繋がったノートパソコンから3㎝の距離に置き観察を行ったという至ってシンプルなもの。

その結果、時間の経過につれ明らかに精子の活動性が低下したそうです。

その実験の結果内容は、25%の精子が活動停止9パーセントが遺伝子に損傷を受けていたことが分かったのだそうです。

更には、ノートパソコンから離して置いても14%の精子が活動停止になり、3%が遺伝子に損傷を受けたそうです。

ちなみに、ノートパソコンのWi-Fi通信を切った状態だと、精子には何ら影響はなかったそうです。

・Wi-Fiが精子に与える影響について

そもそも、なんでWi-Fiが精子に悪影響をもたらしてしまうのでしょうか?

精子への影響に関しては無線ネットワークが放出している電磁波が主な原因として考えられています。

研究チームは過去10年間ですでにWi-Fiが男性の生殖機能に影響を及ぼしていると認識し、タブレットPC、ゲーム機、携帯電話などが急速に普及したことを考慮すればさらに、男性の精子は危険に晒される恐れがあるとしています。

だからこそ、同チームはノートパソコンやタブレットPCなどはできるだけ膝の上に置かず、生殖器の近くには置かない方がいいと注意を促しているのです。

・Wi-Fiだけがすべての原因ではない

がしかし、承知の通り父親が長時間Wi-Fi対応機器を使用しているにも関わらず子どもがいる人は数多く存在します。

また、不妊に関しては複合的なものもあり、Wi-Fiだけが直接の原因にあるとは考えにくいとされています。

ただ、簡単に予防できる方法としてWi-Fi対応機器を膝の上に置ないことをひとつの研究結果として覚えておいても良いのかもしれないですね。

・まとめ

今回は、Wi-Fi機器が精子の活動においてもたらす悪影響について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

今の時代、外を歩いているだけでもお店のWi-Fiが色々な所で飛び交っている時代だと言えます。

だからこそ、少しでもそれらのリスクを下げるために、研究チームが促しているような簡単な対策を日頃から実践していきたいですね。

私もパソコンを利用する時間が長いので、大変タメになる研究内容だったと感じました。

おススメの精力剤!
→「クラチャイダムゴールドとは?」

★ATAPIからのお知らせ★
つ…ついにメルマガ始めました!
よかったら登録の方をよろしくお願いします。
↓↓↓ ※登録はこちらから!
『ED解決大辞典~これであなたも不死鳥だ~』


→『男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】


→『クラチャイダムゴールドのドリンクタイプが遂に登場!



アルギニンNo1サプリ「バイタルアンサー」

Webライター兼ブロガーのATAPIです。EDに悩んでいる男性に少しでも役に立つ情報を発信しているので、気になる方は覗いてみてください。
モテ男に関するサイトも運営中→http://mencoi.com/【MENCOI.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です